【北信越大会のトーナメント表をチェック!】

 10日に開幕した秋季北信越大会。魚津桃山運動公園野球場で行われた敦賀気比新潟明訓の準々決勝は、延長までもつれる熱戦となったが、敦賀気比が底力を見せて準決勝進出を果たした。

 初回に1点を先制された敦賀気比は、7回裏にも2点を奪われ劣勢に立たされる。

 それでも8回表、二死一、二塁から1番・東 鉄心がレフト線へのタイムリーツーベースを放って1点を返すと、なおも二死二、三塁で2番・森田 世羅がセンター前タイムリーを放って同点に追いつく。

 9回は1点ずつを取り合い試合は延長戦に突入するが、10回表、二死一、二塁から4番・大島 正樹がライト前タイムリーを放って、敦賀気比は再度勝ち越しに成功すると、さらに二死二、三塁から5番・沼田 航がセンター前へタイムリーを放って2点を追加。

 3点のリードを奪った敦賀気比は、7回からマウンドに上がった上加世田 頼希が10回裏を抑えて7対4で勝利。延長戦を制して準決勝進出を決めた。

 粘り強い戦いを見せた敦賀気比だったが、東哲平監督は「8、9、10回くらいの集中力を初回から見せてほしい」と選手たちに更なる奮起を促す。準決勝は、佐久長聖を下した関根学園と対戦の予定だ。どんな戦いを見せるのか見逃せない。

◇10月11日の試合

◇10月17日の試合

【北信越大会のトーナメント表をチェック!】