【北信越大会のトーナメント表をチェック!】

 10日に開幕した秋季北信越大会。魚津桃山運動公園野球場で行われた関根学園佐久長聖の準々決勝は、関根学園が終盤の競り合いを制して準決勝進出を決めた。

 序盤に2点リードを許す展開となった関根学園。だが、5回裏に途中出場の竹之内陵にソロホームランが飛び出すと、6回裏には再び竹之内にタイムリーツーベース、さらにその後二死満塁で押し出し四球で逆転に成功する。

 7回表に再度逆転を許した関根学園だったが、直後の7回裏に5番・大竹直樹にツーランホームラン、さらに同点で向かえた8回には4番・尾美颯太のライト前タイムリー、6番・田原輝也のスクイズで再び勝ち越しに成功する。

 競り合いを制した関根学園が、7対5で勝利し準決勝進出を決めた。

 この試合では途中出場の竹之内は、2安打2打点1ホーマーと大活躍。試合後には「チームは乗っていますが、次の相手も1点ずつ重ねて勝っていきたいです」と語り、準決勝に向けて気持ちを引き締めた。

 関根学園は10月17日の準決勝で、新潟明訓敦賀気比の勝者と対戦の予定だ。

◇10月11日の試合

【北信越大会のトーナメント表をチェック!】