9月の好調を維持する高部瑛斗(東海大甲府出身)東都の安打製造機は1軍定着となるか

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.10

左から立花 海空、吉野龍生、木村大成、中井侃樹

 新型コロナウイルスの影響で大幅に選手を入れ替えて首位・福岡ソフトバンクを追いかけている千葉ロッテマリーンズ。チームにとっては大きな痛手かもしれないが、2軍で腕を磨いていた選手たちにとってはチャンスと捉えられる。この機会を逃すまいと奮闘している1人にルーキー・高部 瑛斗東海大甲府出身)がいる。

 10月6日のオリックス・バファローズ戦にスタメン出場を果たした高部。先発の山本 由伸都城出身)の投球を前にヒットを出すことはできなかったが、9日の福岡ソフトバンクホークス戦では代打で出場して初ヒットを記録した。

 9月はファームで65打数28安打で打率.431という圧巻の成績。出塁率でも.456を記録しており、ファーム月間MVP賞を受賞した。また、シーズン通じても結果を残している。
56試合出場 144打数53安打 1本塁打 14打点 13盗塁
打率.368 出塁率.397 長打率.451 OPS.848

 規定打席に到達していないためランキングには名前がないが、チーム内で比較をしてもトップクラスの成績を残している。1軍のレベルに順応することが出来れば、定位置確保も可能ではないだろうか。

 国士舘大時代には東都の2部リーグ歴代最多安打を塗り替えた実績を引っさげてプロの世界へ飛び込んできた。ドラフト直前に語っていた「子どもから憧れる選手」という将来の選手像に向かって、1軍初ヒットを皮切りに結果を残してアピールを続けていきたい。

(記事=田中 裕毅)

【関連記事】
【関東大会】東海大相模がコールド勝ちでベスト8!専大松戸、鎌倉学園、東海大甲府も8強へ<25日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第8回 【12球団ドラフト指名予想】佐々木朗、藤原、安田など近年ドラフト戦略に成功している千葉ロッテは2年後には黄金期に入る!?【プロ12球団ドラフト分析2020】
平沢、安田、藤原ら高卒野手が1年目に安打記録!佐々木朗希は公式戦登板なし【ロッテ・ドラ1選手のルーキーイヤー】 【ニュース - 高校野球関連】
第1249回 スラッガー・渡部海夢(東海大甲府)の強みは実戦に即した努力ができること。最後の夏に才能が開花!【後編】 【2020年インタビュー】
第1247回 飛距離は高橋周平以上!?名将も認めた渡部海夢(東海大甲府)の長打力の秘密とは?【前編】 【2020年インタビュー】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1057回 高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】 【2019年インタビュー】
第11回 「1位は奥川か佐々木、どちらにいくんでしょうか」スポーツライター・小関順二さんがロッテのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1053回 常に成長を促した競争意識とチャレンジャー精神。そしてイチローの存在 高部瑛斗(国士舘大)【前編】 【2019年インタビュー】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
東海大甲府vs都留【山梨県 2019年春の大会 春季山梨県大会】
習志野vs東海大甲府【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
健大高崎vs東海大甲府【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
霞ヶ浦vs東海大甲府【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
花咲徳栄vs東海大甲府【2016年春の大会 第68回春季関東地区高等学校野球大会】
東海大甲府 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
ノーヒットノーラン達成!! 復活を果たした小川泰弘の高校最後の夏を振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る