2019年春季全道大会優勝の駒大苫小牧。攻守において能力が高い選手を揃えるチームだったが、多くの選手が強豪台でプレーする。

 そんな卒業生を紹介していきたい。

捕手 竹中 研人(東北福祉大)
内野手 石川 楓雅(大阪体育大)
内野手 大沼 恒介(苫小牧駒澤大)
内野手 福岡 爽太(札幌大谷大)
外野手 伊藤圭河(駒澤大)
外野手 各務 泰生(駒澤大)
外野手 稲場 勇哉(駒澤大)

 東北福祉、駒澤、大阪体育大と強豪大学で続ける選手も多数。今年もエース・北嶋洸太を中心に能力が高い選手を多数揃えているだけにどんな進路になるのか、注目が集まる。


関連記事
柳田悠岐が2年ぶりの20号到達!山本一、三村、大下など広島商OBの名選手に肩を並べる活躍を実現!
まだまだ若手に負けていない!福岡ソフトバンク・和田毅(浜田出身)が見せる巧みな投球術
次世代の本格派サブマリン! 高橋礼(福岡ソフトバンクホークス)の高校最後の夏