高校時代は東北屈指の大型捕手だった下妻貴寛(酒田南出身)がプロ8年目で初本塁打!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.25

酒田南時代の下妻貴寛選手

 東北楽天・下妻 貴寛酒田南出身)が24日の千葉ロッテ戦でプロ初本塁打を放った。

 まさに遅咲きの選手だ。高校時代は東北地区屈指の大型捕手として、3年春の東北大会では12球団のスカウトが集結。当時、ドラフトの目玉だった大谷 翔平花巻東)は同日の試合だったが、別会場だったため、下妻自身も大きく注目されていたことが伺える。

 最後の夏は甲子園に出場し、選手宣誓も経験。ドラフト4位で指名を受けた。ただ、プロ入り後は大きく苦しみ、2017年まで一軍出場は13試合出場のみ、わずか1安打。2018年オフには育成選手へ降格した。2019年にはBCリーグの派遣選手として出場するなど地道な下積みを乗り越え、2020年2月21日に支配下選手登録へ復帰。8月30日に一軍昇格が決まった。そして9月24日、千葉ロッテ・岩下 大輝星稜出身)が投じた147キロのストレートを捉えプロ初本塁打。さらに初打点初得点初長打のおまけつきとなった。

 下妻ほどの大型選手が育成落ちを経験し、プロ初本塁打を打つケースは珍しい。

 プロ初本塁打を放った打撃を見ると、高校時代と比べ無駄が少なく実にシンプルな打撃フォームとなった。まだ1本塁打だが、潜在能力はもともと高い選手。さらなる活躍を期待したい。

【関連記事】
ファーム卒業級の石垣雅海(酒田南出身)。一軍キャンプでアピールできるか? 【ニュース - 高校野球関連】
パ・リーグ新人王候補・小深田大翔(神戸国際大付出身)がこぶちゃんと呼ばれた高校3年間とは? 【ニュース - コラム】
第156回 パ・リーグ新人王候補・小深田大翔(神戸国際大付出身)がこぶちゃんと呼ばれた高校3年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第74回 通算180本塁打のスラッガー・浅村栄斗(東北楽天)が大阪桐蔭に入学した意外なワケ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第589回 令和になっても習志野とのライバル対決を制し、甲子園へ 銚子商(千葉)【後編】【野球部訪問】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第475回 三浦 颯大選手(酒田南-青山学院大)「リーグ優勝も経験!正捕手の座を狙い来季も奮闘」【後編】 【2016年インタビュー】
第474回 三浦 颯大選手(酒田南-青山学院大)「高校3年夏は3本塁打マークした強肩強打の逸材」【前編】 【2016年インタビュー】
盛岡大附vs酒田南【2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第285回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ)【後編】「守備の名手しか分からないプレッシャー」 【2015年インタビュー】
第284回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ) 【前編】「名手・小坂を生み出したバックグラウンド」 【2015年インタビュー】
山形城北vs酒田南【山形県 2014年秋の大会 山形県大会】
八戸学院光星vs酒田南【2013年秋の大会 第66回(平成25年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
酒田南vs日大東北【2013年秋の大会 第66回(平成25年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
仙台育英vs酒田南【2012年秋の大会 第65回(平成24年度)秋季東北地区高校野球大会】
下妻 貴寛(酒田南) 【選手名鑑】
酒田南 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【ドラフト特集】注目の高校生 指名されたのは!??
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る