報徳学園、筑陽学園など…4連休で敗退が決まった有力校たち【西日本編】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.25

報徳学園のエース・久野悠斗

 9月19日~22日は全国各地で大会が開催された。この4連休中も優勝候補として期待された有力校の敗退が目立つ。続いて西日本編だ。

報徳学園 2回戦 2vs3 神戸弘陵
 新チーム当初から、今年の報徳学園は近畿地区で頭一つ抜けている評価が多かった。実際に報徳学園を取材すると、大角監督からはまだまだ脆さがあるという評価だったが、それでも135キロ以上の投手を4人揃え、打線も昨秋の経験者が多く評価は必然と高かった。

 ただ、神戸弘陵の好投手・時澤 健斗を攻略できず、頼みのエース・久野 悠斗も3失点。大角監督は能力が高いことは認めながらも、本番で力を出すのは去年の3年生で、本番で力を発揮できる精神力をいかに身につけていくかがこの1年の課題と話していた。

 今年の報徳学園の選手たちはよく練習をしており、指導者の方々に聞いても、入学して大きく成長した選手が多いと聞く。取り組みもよく能力が高い選手を揃えた大型チームでも必ず勝てるとは限らない。勝負の厳しさを改めて実感した。ぜひこの悔しさを来春、来夏に活かすことを期待したい。

開星 1回戦 2vs3 矢上
 名将・野々村監督が復帰し、最初の秋の公式戦は県大会1回戦で昨秋の優勝校・矢上に敗退。この冬でどれだけのチームに育て挙げるか注目をしていきたい。

筑陽学園 3回戦 5vs7 久留米商
 筑後サザンホークス時代から秋山 恭平広島新庄)とともに注目された好左腕・藤田和揮、1年生から注目された強打者・増田裕斗など期待が高かった今年の筑陽学園だが、3回戦で伝統校・久留米商に敗れた。福岡県はその他にも九産大九産西日本短大附に敗れるなど実力校の敗退も目立つ。

秀岳館 2回戦 0vs7 熊本工
 例年、大型チームを揃える秀岳館だが、伝統校・熊本工に敗れ、2回戦敗退となった。

 西日本では報徳学園の敗退が一番のニュースとなった。毎年、私立、公立問わず実力校が多い兵庫県だが、来年も激戦は必至だ。

(記事=河嶋宗一)

【関連記事】
打者は硬式が多い?セ・リーグ打率上位者の中学時代の所属チーム 【ニュース - 高校野球関連】
【選手名鑑】春以降に覚醒なるか?ブレーク間近の注目左腕10人を一挙紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 強豪校がそろい踏み!2020年の「高校野球ドットコム」野球部訪問ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs大分【第91回選抜高等学校野球大会】
筑陽学園vs山梨学院 2【第91回選抜高等学校野球大会】
開星 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【動画】未来を見据え高校生投手を!横浜DeNAベイスターズのドラフトを予想
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る