岩下大輝、二木康太らが奮闘するロッテの高卒生え抜き先発投手たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.25

高校時代の岩下大輝

 9月上旬までに今秋のドラフトへ向けた高校生合同練習会が東日本、西日本それぞれの会場で行われた。甲子園が中止となったことでアピールの場を失ってしまった選手たちが、プロ野球団のスカウト陣を前に思う存分プレーしたようだ。

 そのなかで山下 舜平大福岡大大濠)や内 星龍履正社)に豆田 泰志浦和実)ら投手陣に注目が集まっていた。各球団ともにチームの屋台骨を支えてくれるような先発投手を高卒で獲得することができたら、数年はやりくりが楽になる。

 さて、現時点では各球団、生え抜き高卒の先発ローテーション投手は、どれだけ存在しているのだろうか。各球団の今シーズンにおける登板数上位5名を振り返ってみたい。

 今シーズンのロッテは開幕ダッシュに成功し、ここまで上位争いを繰り広げている。その先発ローテーションの柱は開幕投手も務め、ここまで14試合に先発している石川歩(東京ガス)である。開幕から6試合白星がつかなかったが、7試合目で初白星をマークするとそこから6試合連続勝利とさすがの投球を見せている。

 その石川と同じく14試合に先発しているのが小島 和哉(早稲田大)だ。大卒2年目の左腕は、開幕から1度も登録を抹消されることなく、ローテーションを守ってきた。なかなか長いイニングをなげることができずにいたものの、8月26日の楽天戦からは3試合連続でHQS(7回以上自責点2以下)を達成し、一皮むけた感がある。

 石川と小島に続くのが今シーズン楽天から加入した美馬学(東京ガス)と高卒6年目の岩下 大輝星稜高)である。美馬は防御率4.50と見栄えは良くないものの、7月21日の西武戦で黒星を喫してから敗戦投手になっていない。8月11日の日本ハム戦から9月13日のオリックス戦にかけては5試合連続勝利と結果を残している。ここまで無失点で終えた試合はないが、安定した投球を続けていると言っていいだろう。

 一方の岩下は開幕から6回を超えて投げることができなかったが、9月17日の西武戦では9回途中1失点とプロ初完投まであと少しに迫った。奪三振率も一軍デビューを果たした2018年から5.96→6.91→7.85と年々上昇しており、今後もローテーションの軸として期待できそうだ。

 さらには二木 康太鹿児島情報高)と中村 稔弥(亜細亜大)が8先発で続いており、その他にもトミー・ジョン手術を受けた種市 篤暉八戸工大一高)も控えている。

 このように安定した投球を続ける石川や小島、そして美馬といった大卒や社会人出身、そして移籍組がローテーションの軸となり、高卒の岩下や二木らが脇を固めている。まさに高卒、大卒、社会人、そして移籍組がうまく絡み合ったローテーションだ。

 金の卵として加入した佐々木朗希(大船渡高)も、数年後にそのなかに入ることができるだろうか。

【先発登板数上位】
1位(14)石川歩(東京ガス)
1位(14)小島 和哉(早稲田大)
3位(13)美馬学(東京ガス)※楽天から移籍
3位(13)岩下 大輝星稜高)
5位(8)二木 康太鹿児島情報高)
5位(8)中村 稔弥(亜細亜大)

※数字は2020年9月23日終了時点

記事=勝田聡

【関連記事】
9連勝の菅野智之、5連続完投の大野雄大が抜きんでた活躍!各球団の開幕投手のここまでの活躍は? 【ニュース - 高校野球関連】
狙うは正捕手! サヨナラヒットも放った佐藤都志也(千葉ロッテマリーンズ)の高校最後の夏 【ニュース - 高校野球関連】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第98回 星稜(石川)編「好投手強打者を生んだ名門・星稜のつながり」2019版【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第70回 近年成長を見せる鹿児島情報(鹿児島)夏勝ち上がるために【冬が僕らを強くする2019】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第110回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ編 「今年も高卒野手に敢然に立ち向かおう!」【ドラフト特集コラム】
第285回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ)【後編】「守備の名手しか分からないプレッシャー」 【2015年インタビュー】
第284回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ) 【前編】「名手・小坂を生み出したバックグラウンド」 【2015年インタビュー】
第247回 バトルスタディーズ開幕記念! 今江 敏晃選手(千葉ロッテマリーンズ)×なきぼくろ先生【PL学園 先輩 後輩 対談】 【2015年インタビュー】
第205回 【侍ジャパン18U代表】浦和学院高等学校 小島 和哉選手 【2014年インタビュー】
第14回 甲子園総括コラム ~選手から振り返る 第96回全国高校野球選手権大会~ 【2014年選手権大会】
岩下 大輝(星稜) 【選手名鑑】
小島 和哉(浦和学院) 【選手名鑑】
種市 篤暉(八戸工大一) 【選手名鑑】
中村 稔弥(清峰) 【選手名鑑】
二木 康太(鹿児島情報) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
第98回富山大会組み合わせ表
次の記事:
西純矢(創志学園出身)がファームで3勝目!高卒1年目ながら防御率2点台前半!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る