パ・リーグ上位の防御率を誇る高橋光成(前橋育英出身)と田嶋大樹(佐野日大出身)の96年世代の2人

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.18

田嶋大樹と高橋光成

 シーズンも終盤に突入し順位争いはもちろんだが、個人のタイトル争いも過熱していく。パ・リーグの防御率は現在、山本 由伸都城出身)が首位を走っているが、ランキングを見ていくとあることに気が付く。

 3位・田嶋 大樹佐野日大出身)、5位・髙橋 光成前橋育英出身)と1996年世代の2人がランクインしているのだ。わずか7人しかいない規定投球到達者のなかで、同世代2人が入っているが、現在至るまでの道のりはそれぞれだ。

 高橋は2年生の夏で甲子園優勝投手となると、2年連続U18代表入り。世代を代表する右腕として高卒でプロ入りを果たした。1年目から8試合に登板して完封勝利を達成するなど、充実の1年目を終えた。

 2年目は19試合に先発するなど経験をさらに重ねていき、2019年シーズンは初めて2桁勝利をマークした。今シーズンは2度のノーヒットノーラン達成のチャンスとなるような投球を見せており、ハイパフォーマンスを見せている。

 3人目の田嶋は3年春の選抜でベスト4に入り一躍名前を全国区に広げたが、夏は甲子園に届かず。佐野日大卒業後に社会人野球の強豪・JR東日本へ進み、1年目から公式戦を経験。

 U23代表にも選ばれるなど、着実にステップアップしてドラフト1位で2017年にオリックスから指名を受けた。登板試合数、投球イニングは既に過去2年よりも多く、チームの中心選手として活躍している。

 それぞれの歩みでプロの世界に入り、ともに高いレベルで競い合っている。この世代は岡本 和真智辯学園出身)に注目が集まるが、投手陣も負けていないことを結果で証明したい。

※データは9月18日時点

関連記事
第338回 JR東日本 田嶋 大樹投手「『自分の道』を正しいものとするために」
大竹耕太郎と小島和哉の早大出身の左腕の投げ合いに注目
高橋光成(現西武)を筆頭に4名がNPB入り!2013年夏の3回戦を戦った前橋育英と横浜戦士たちのその後を紹介

【関連記事】
山本由伸(都城出身)が初の月間MVP!実はあらゆる通算成績が世代トップ! 【ニュース - 高校野球関連】
オリックスは山本由伸に続く生え抜き高卒の先発投手が増える? 【ニュース - 高校野球関連】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」【冬が僕らを強くする2020】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
國學院久我山vs前橋育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
国士舘vs佐野日大【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2019年春の大会 群馬県春季大会】
第949回 「勝ち進む中での自信」と「新しい球種」を踏み台に一つ上のステージへ 松倉亮太(佐野日大)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 「打倒・作新」を胸に「制球力とキレ」を磨き続けた 松倉亮太(佐野日大)【前編】 【2019年インタビュー】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
田嶋 大樹(佐野日大) 【選手名鑑】
佐野日大 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
伊藤大海に今川優馬ら北海道出身者が5人!河村が白樺学園から初のドラフト指名
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る