巨人・丸佳浩(千葉経大付出身)が7年連続15本塁打!89年世代では中田翔に続き2人目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.13

丸佳浩(ジャイアンツ)

 ジャイアンツの丸 佳浩千葉経大附出身)は13日の東京ヤクルト戦で15号本塁打を放った。4回裏、東京ヤクルトのエース・小川 泰弘成章出身)から逆転2ランと非常にポイントが高い一打だった。

 2013年からレギュラーとして活躍し、年々、本塁打の数を増やし、広島最終年の2018年には39本塁打を放って、2年連続のMVPを獲得した丸。巨人に移籍し、大きな注目を集めた丸はこの2年間、数多くの殊勲打を放ち、勝利に貢献している。

 そしてこの15号は丸にとってある意味、節目の本塁打となった。この記録は中田翔の10年連続15本塁打以上に続き、89年世代では2番目の連続記録だ。続いて20本塁打を達成できれば、5年連続となる。さらに、あと11本打てば、通算200本塁打達成となる。

 いろいろ記録達成に期待がかかる2020年シーズン。さらなる豪打を期待したい。

関連記事
未来のスター選手がズラリ!高校時代スター選手だったヤングジャイアンツたち
ジャイアンツの強打の裏にメジャー式練習。打撃練習から見つかった常勝軍団の工夫
神ドラフトの予感!巨人の2018年ドラフトは上位~育成までトッププロスペクトが続出!

【関連記事】
育成から努力で這い上がった堀岡隼人(青森山田出身)「育成の巨人」を証明する活躍なるか 【ニュース - 高校野球関連】
巨人・北村拓己(星稜出身)が今季初スタメンで決勝打 星稜時代から見せてた能力の片鱗 【ニュース - 高校野球関連】
第1125回 湖国の至宝・山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)を一躍有名にした元プロとの対戦【後編】 【2020年インタビュー】
第940回 その魅力は「最速139キロ」だけではない 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第89回 千葉経大附(千葉県)「今年のセ・リーグの顔となった丸佳浩や松本啓二朗の出身校、千葉経大附のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第379回 徳島大会ベスト8展望 史上初、5年連続夏甲子園出場目指す「進撃の巨人」鳴門にくさびを打つのは誰だ?【大会展望・総括コラム】
第15回 球児が好きなプロ野球選手ランキング外野手編 トップ3は糸井、イチロー、柳田!【野球総合研究所】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
丸 佳浩(千葉経大附) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
【東北】磐城が県大会3回戦進出!青森、秋田では順延も<13日の結果・トーナメント表>
次の記事:
千葉ロッテの若き4番・安田尚憲(履正社出身)の強みは不調時でも着実に上積みができること
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る