ヤクルトは高卒生え抜きの先発は高橋奎二ただ一人。奥川、寺島、市川に期待!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.09

龍谷大平安時代の高橋奎二(東京ヤクルト)

 今秋のドラフトへ向けた高校生合同練習会が東日本、西日本それぞれの会場で行われた。甲子園が中止となったことでアピールの場を失ってしまった選手たちが、プロ野球団のスカウト陣を前に思う存分プレーしたようだ。

 そのなかで山下 舜平大福岡大大濠)や内 星龍履正社)に豆田 泰志浦和実)ら投手陣に注目が集まっていた。各球団ともにチームの屋台骨を支えてくれるような先発投手を高卒で獲得することができたら、数年はやりくりが楽になる。

 さて、現時点では各球団、生え抜き高卒の先発ローテーション投手は、どれだけ存在しているのだろうか。各球団の今シーズンにおける先発登板数上位5名を振り返ってみたい。

 8月に入ってからちょっと元気のないヤクルトは、先発投手陣の頑張りが上位浮上必要不可欠となる。そんなヤクルトにおける先発の柱は小川 泰弘(創価大)。大卒8年目となる今シーズンは開幕からローテーションを守り12試合に登板し、チームトップの8勝(2敗)を挙げている。

 その小川に続くのが10試合に登板している高梨 裕稔(山梨学院大)、ルーキーながら8試合で先発を任されいる吉田 大喜(日体大)である。ここまでは大卒、そして移籍組が、先発ローテーションの軸となっていることがよくわかる。

 3人に続くのが、7試合に先発している高橋 奎二(龍谷大平安高)だ。高橋は、ツボにハマればあっと驚くような投球をみせる一方でコントロールが定まらず、序盤でノックアウトされることもある。試合ごとのばらつきが大きく荒削りなのは否めない。しかし持ってる能力は一級品。久しぶりとなる生え抜き高卒の先発投手だけにかかる期待は大きい。

 ちなみに高橋以外に高卒組で先発起用されたのは、移籍組である山田 大樹(つくば秀英高)だけ。生え抜き、移籍問わず高卒の先発投手が一軍で先発するまでに至っていないのが実情である。

 とはいえ、あくまでこれは現時点の話である。二軍を見ると、金の卵候補である奥川 恭伸(星稜高)や今シーズンは中継ぎで起用されているが寺島 成輝履正社)といったドラフト1位組がおり、その他には市川 悠太(明徳義塾高)も控えている。

 ここ数年、生え抜き高卒の先発投手が育ちきっていないヤクルトだが、ドラフト1位組が順調に育てば、数年後には生え抜き高卒の選手たちがローテーションの軸となる可能性は十分にあるだろう。

 まずは高橋が結果を出し、そこに奥川や寺島、そして市川らが続くことに期待がかかる。

【先発登板数上位】

1位(12)小川 泰弘(創価大)
2位(10)高梨 裕稔(山梨学院大)※日本ハムより移籍
3位(8)吉田 大喜(日体大)
4位(7)高橋 奎二(龍谷大平安高)
4位(7)石川 雅規(青山学院大)

※数字は9月8日終了時点

(記事:勝田 聡)


関連記事
高橋奎二(現・ヤクルト)ら4枚の盤石な投手陣で初優勝!2014年春の龍谷大平安優勝Vメンバーのその後
高橋奎二が初の開幕投手となるか?デッドヒート繰り広げる3投手
ノーヒットノーラン達成!! 復活を果たした小川泰弘の高校最後の夏を振り返る

【関連記事】
【12球団ドラフト指名予想】ドラフト戦略に成功しているロッテは2年後には黄金期に入る!? 【ニュース - コラム】
【12球団ドラフト指名予想】ヤクルトは神宮のスターを無視できない?!小関順二氏が補強ポイント語る 【ニュース - コラム】
第6回 【12球団ドラフト指名予想】ヤクルトは六大学のスターたちを無視できない!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第31回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第855回 名打撃コーチ・石井琢朗が高校球児へメッセージ「自分がなりたい打者像を見つけよう!」【後編】 【2018年インタビュー】
第851回 3年連続チーム打率1位!名打撃コーチ・石井琢朗が語る「振る力の重要性」【前編】 【2018年インタビュー】
第174回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.25「藤原恭大」【ドラフト特集コラム】
第738回 ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルト)「ホームランを打つにはバックスピンをかけることが大切」 【2018年インタビュー】
第478回 龍谷大平安「100回大会で節目の甲子園100勝を!」【野球部訪問】
館山昌平、復活への道
小川 泰弘(成章) 【選手名鑑】
高橋 奎二(龍谷大平安) 【選手名鑑】
吉田 大喜(大冠) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る