15イニング無失点、防御率0・00継続!ロッテ・唐川侑己が新スタイルで躍動!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.08

千葉ロッテ・唐川侑己(成田出身)※写真は昨年12月のミズノブランドアンバサダー会議

 現在首位の福岡ソフトバンクを追いかける千葉ロッテ。今年は4番に安田 尚憲履正社出身)を据えて、育成から和田康士朗が支配下登録されるなど若手も積極的に使っている。そんなロッテで驚くべき安定感を誇る投手がいる。それは現在中継ぎの一角として奮闘する、プロ13年目右腕・唐川 侑己だ(成田出身)。

 まず2020年の成績を見ていきたい。
 15試合登板 15回、打者54人、被安打8、自責点0、奪三振率7.80、被打率.157、防御率0.00(7日試合終了時点)

 登板回数がまだ少ないが、15回を投げて1点も許していないのは驚きの数字。奪三振率や被打率を見てもかなりの好成績を残しており、チャンスはおろかヒットを打つのも簡単ではない状態だ。

 この唐川の成績は多くのファンも同様に驚いているが、この活躍を支えているのはカットボールだ。140キロ台をマークしており、球筋もほとんどストレートと同じ。変化球をいかにストレートに近づけるかは野球界のトレンドとなってきているが、それに乗っ取ったボールといってもいいのではないだろうか。

 唐川と言えば、伸びのあるストレートに成田時代から使っていた曲がりの大きいカーブをイメージする人もいるだろう。しかし6日の福岡ソフトバンク戦では8回にマウンドに上がると、カットボールを軸にヒット1本を許すも無失点。今だ防御率0.00を継続することとなり、新たなスタイルが結果を残している。

 投球フォームも全体としてコンパクトにまとまり、縦回転を意識したフォームとなり、力感を感じさせずにキレの良いボールを投げ込んでいる印象を受ける。高校BIG3として同じく注目された中田 翔大阪桐蔭出身)は通算250号が目前まで迫る活躍ぶり。先発から中継ぎに変わったが、唐川が勝利の方程式の一角として負けじと活躍するか注目だ。

(記事=編集部)

【関連記事】
第8回 【12球団ドラフト指名予想】佐々木朗、藤原、安田など近年ドラフト戦略に成功している千葉ロッテは2年後には黄金期に入る!?【プロ12球団ドラフト分析2020】
平沢、安田、藤原ら高卒野手が1年目に安打記録!佐々木朗希は公式戦登板なし【ロッテ・ドラ1選手のルーキーイヤー】 【ニュース - 高校野球関連】
世代屈指の強肩捕手・古谷将也(成田)が3年間で目指してきた姿とは? 【ニュース - インタビュー】
第1263回 世代屈指の強肩捕手・古谷将也(成田)が目指した捕手像【後編】 【2020年インタビュー】
第1261回 千葉県に現れた全国クラスの強肩捕手・古谷将也(成田)。プロ入りした先輩捕手の背中を追いかけ急成長【前編】 【2020年インタビュー】
東京学館vs成田【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
成田vs日体大柏【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
成田vs成田北【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
銚子商vs成田【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第11回 「1位は奥川か佐々木、どちらにいくんでしょうか」スポーツライター・小関順二さんがロッテのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
木更津総合vs成田【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
唐川 侑己(成田) 【選手名鑑】
成田 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第98回富山大会組み合わせ表
次の記事:
【中国大会】岡山学芸館、鳥取城北らが初戦突破!岡山1位の創志学園は宇部鴻城に敗れる<トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る