骨折乗り越えた虎の主将・糸原健斗(開星出身)の高校最後の夏

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.08

開星時代の糸原健斗(阪神タイガース)

 プロ野球開幕が例年よりも遅れた2020年。一時ケガで一軍を離脱したものの、9月4日に昇格して9月7日の読売ジャイアンツ戦で3号ホームランを放つなど現在は打率.311を残しているキャプテン・糸原 健斗の高校時代を振り返りたい。

糸原 健斗(島根・開星 2010年)
島根大会
2回戦 8対0 江津工
3回戦 7対0 松江南
準々決勝 10対0 邇摩
準決勝 4対1 浜田
決勝 4対0 大田

選手権
1回戦 5対6 仙台育英

 高校野球ファンには記憶に深く刻まれている2010年夏の甲子園、仙台育英のレフトの三瓶がサヨナラのピンチから大飛球を捕球し幕を閉じた開星仙台育英の試合、その大飛球を放ったのが糸原だ。

 1年秋の中国大会で9打席連続安打を放ち一躍注目を集めた糸原。2年春の選抜では優勝候補の慶應義塾を破るなど7打数4安打と活躍をし、二年秋の中国大会では4本塁打の活躍でチームを選抜に導く。

 3年夏は3回目の甲子園。島根県ナンバーワン打者として評されていた糸原は最後の夏にも全国屈指の好打者として多くの注目が集まった。

 しかし高校最後の試合となった仙台育英戦では5打数0安打に終わり糸原の夏は幕を閉じた。1年秋に潰瘍性大腸炎に苦しみながらも大病を乗り越えて高校3年間の野球を不動の1番サードとしてやり通した。

 高校卒業後、明治大学に進学し3年時に春秋連続で三塁手のベストナインに選ばれ、大学選手権では打率.500を残し首位打者に輝くなど活躍。大学卒業後にはJX-ENEOSに入社して2年目には3番打者としてチームを引っ張った。2016年NPBドラフト会議で阪神タイガースからドラフト5位の指名を受けてプロ入り。18年と19年には全試合出場するなど欠かせない選手となっている。

(記事=編集部)

【関連記事】
報徳学園、筑陽学園など…4連休で敗退が決まった有力校たち【西日本編】 【ニュース - 高校野球関連】
西純矢(創志学園出身)がファームで3勝目!高卒1年目ながら防御率2点台前半! 【ニュース - 高校野球関連】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第3回 「補強ポイントは全部?!」スポーツライター・小関順二さんが阪神タイガースのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第89回 NPB通算防御率1点台突入へ! 藤川球児(阪神タイガース)が「リ・ボーン」した場所【高校野球コラム】
第88回 日本開催ラグビーW杯開幕! 日本代表に野球経験者は?【高校野球コラム】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第1013回 甲子園に出場した先輩たちに追いつくだけでなく越える 注目のスラッガー・安田陸人(益田東)【前編】 【2019年インタビュー】
下関国際vs開星【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
開星vs下関西【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
開星vs島根中央【島根県 2017年秋の大会 島根県一次大会】
花咲徳栄vs開星【第99回全国高等学校野球選手権大会】
開星vs島根中央【島根県 2017年夏の大会 第99回選手権島根大会】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第503回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「赤松 真人選手が語る!グラブはイチロー選手と同じモデルの理由」【後編】 【2017年インタビュー】
糸原 健斗(開星) 【選手名鑑】
開星 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
今秋の東京を制するのは?本大会出場64校一覧
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る