2014年大学選手権出場した新鋭・静岡大は28名が入部。中京大中京、日大三、川越東の強豪校からも入学

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.07

川越東出身の宮崎元気

 2014年に大学選手権出場した静岡大。昨年は大型外野手・奥山皓太(甲府西出身)が阪神から育成指名を受け、新進気鋭の国立野球部として注目が集まっている。そんな静岡大の新入生たちを紹介したい。

【投手】
伊藤圭吾(津名
荻野舜介(西湘
尾崎光平(掛川西
小林凌雅(柏崎
圡方俊輔(昭和
古川陽都(美濃加茂)
松本寛(韮山
宮崎元気(川越東
宮崎絢士朗(宮崎大宮
吉田哉太(浜松西
【捕手】
小林出(神奈川大附
竹田耕基(北須磨
星野楽人(中京大中京
【内野手】
穴沢浪平(長野吉田
阿部竜之介(韮山
荒井瑞紀(静岡東
岩淵航大(盛岡三
遠藤颯汰(日本三)
佐藤啓介(中京大中京
大島柊弥(清水東
倉地和希(春日井
湯山紘成(三島南
【外野手】
浅地玲央(富山東
植田創介(出雲
小栗恵人(豊橋中央
小牧龍波(岐阜東
篠原祐大(豊田西
滝澤樹生(上田

 この中でも注目なのは、140キロ台の速球を投げ込む川越東出身の宮崎、また中京大中京出身の佐藤は最後の夏で2試合連続本塁打を放ち、高橋源一郎監督からも取り組みの良さを高く評価されていた打者だ。また櫻井 周斗と同世代だった遠藤も入学。強豪校からも続々入学している静岡大の戦いぶりに注目だ。

関連記事
東京大学は新入生27名が入部。出身校は東筑、静岡、土佐など名門が続々
京都大は22名が入部。出身校は灘、東海など超進学校が続々
飯塚脩人(習志野)を筆頭に早稲田の新入生で注目したい13人の逸材たち

【関連記事】
2017年大学選手権出場の和歌山大は24名が入部。甲子園出場メンバーや伝統校など出身校は様々 【ニュース - 高校野球関連】
京都大は22名が入部。出身校は灘、東海など超進学校が続々 【ニュース - 高校野球関連】
第102回 選手ファーストで日々活動!光泉(滋賀)頑張るマネージャー【頑張る!マネージャー】
第101回 チームの変革、躍進を支えるマネージャー!都立杉並(東京)頑張るマネージャー【頑張る!マネージャー】
第100回 文武両道の進学校ならではの工夫と勝利への貢献の仕方!酒田東(山形)頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第98回 世界一浦和実業野球部が大好き!浦和実(埼玉)の頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第97回 マネージャー人生が終わる最後の1分1秒まで全力サポート! 小金(千葉)の頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】

コメントを投稿する

前の記事:
ファームで虎視眈々と腕を磨くロッテ・山口航輝(明桜出身)。5日の西武戦では本塁打で長打力アピール
次の記事:
独自大会から練習会まで木製バットを貫いた土田龍空(近江)に迫る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る