9月5日、独立リーグでは評価が高い好投手・戸田 懐生(徳島インディゴソックス)が5回無失点の好投を見せた。

 高橋由伸氏が球団イベントに参加し、さらに相手は福岡ソフトバンクの三軍と注目度が高い試合となったこの試合で戸田は140キロ中盤の速球、スライダー、カットボール、カーブなどを器用に投げ分け、増田 珠(横浜出身)、田城 飛翔(八戸学院光星出身)など甲子園を沸かせたスラッガーが並ぶソフトバンク三軍打線を5回二死まで無安打に抑えた。

 特別な雰囲気を持った試合で無失点に抑える事ができる勝負強さは素晴らしいものがある。これで28回連続無失点となり、防御率1.44、5勝3敗、62.2回を投げ、73奪三振、WHIP0.88、K/BB 8.11と圧巻の投手成績である。

 独立リーグのドラフト戦線に一歩前進した戸田。驚きなのがこの快投を20歳の投手がやっていることである。

関連記事
愛媛マンダリンパイレーツ チームOBの縁をたどり狙うは「5年ぶり独立リーグ日本一」と「9年ぶりNPBドラフト指名」
徳島インディゴソックス「魂のセットアッパー」吉田 篤史氏が新監督就任!
~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!