山本由伸が4勝目!目指すは初の10勝&最多奪三振&奪三振率9.00以上!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.02

オリックス・バファローズの山本由伸(都城出身)

 山本 由伸都城出身)が福岡ソフトバンク戦に先発し、7回無失点の好投で、51日ぶりの4勝目を手にした。なんと1か月以上も勝ち星も上げられなかった。速球、変化球の勢いは何もかも異次元の山本にとっては苦しい日々が続いたが、しっかりと立て直して勝利をあげたのはさすがだ。

 昨年、最優秀防御率を獲得した山本は、今季達成できる可能性があるのは、最多奪三振と規定投球回を達して初の奪三振率9.00以上(投球回を上回る奪三振)である。

 現在、山本は84奪三振。パ・リーグダントツの奪三振数で、奪三振率10.26も規定投球回に達した投手の中でもダントツだ。

 このままいけば、初の最多奪三振は十分に狙えるだろう。高い能力を発揮し、三振を取れる投手になったのは昨年からの成長点だといえる。ただ山本が一番欲しいのは二けた勝利だろう。最下位に苦しんでいるオリックスが1つでも上の順位に行くには山本が投げる試合で確実に勝つことである。ぜひこの勢いのまま勝ち星を積み重ねることを期待したい。


関連記事
山本由伸(都城出身)が世代のトップランナーに、高卒4年目の現在地
巨人から久々に誕生した高卒の本格派右腕・戸郷翔征(聖心ウルスラ学園出身)
巨人・戸郷が注目株!宮崎県出身の中位・下位指名からの活躍選手を振り返る

【関連記事】
オリックスは山本由伸に続く生え抜き高卒の先発投手が増える? 【ニュース - 高校野球関連】
遅れてきた九州四天王の一角・太田龍(れいめい出身)が一軍登録! 【ニュース - 高校野球関連】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第130回 昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也【ドラフト特集コラム】
第113回 【小関順二のドラフト指名予想】オリックス・バファローズ編 「最もチームが必要とする補強ポイントは投手だ」【ドラフト特集コラム】
第54回 高校生投手は豊作!ドラフト前に押さえておきたい31名の投手たち【ドラフト特集コラム】
第361回 いきなり都城vs延岡学園が実現!近年では最も混戦の宮崎を制するのは?【宮崎抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
山本 由伸(都城) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
新南陽、関中央工などコールド勝利!14日の結果【春季山口県大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る