20歳の149キロ右腕・戸田 懐生(徳島インディゴソックス)が3安打完封!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.08.23

戸田 懐生(徳島インディゴソックス)

 今年の独立リーグで、スカウトからも人気が高い149キロ右腕・戸田 懐生(徳島インディゴソックス・20歳)。22日の香川オリーブガイナーズ戦で3安打、無四球、11奪三振完封勝利を果たした。

 145キロ前後の直球と両サイドへ絶妙に決まるコマンド力は9回まで衰えなかった。リードはわずかに1点リード。しかも走者を出したら同点、サヨナラのピンチもある状況下の中、戸田は何度も修羅場をくぐり抜けた精度の高い投球を見せた。

 足を上げたときに一瞬間をおいてワンテンポ遅らせる投球フォーム。120キロ後半の高速変化球などを交えた投球は大学生、社会人の投手と比較をしても負けていない。

 今シーズンはこの完封勝利を含め、3勝3敗、防御率1.81(リーグ5位)、57奪三振(リーグ2位)、奪三振率10.43、K/BB 8.14とすべてにおいて好成績を残している。

 戸田の強みは、こうした完成度の高い投球を20歳で実践しているということだ。ドラフト候補に上がる大学生と比べても2歳若く、大卒社会人で4歳も若く、今年、指名の可能性がある独立リーグの候補の中でも一番若いのである。年齢というのはドラフト候補の中では外せないものである。

 今シーズンはどこまで数字を伸ばしていくのか、大いに注目したい。


関連記事
愛媛マンダリンパイレーツ チームOBの縁をたどり狙うは「5年ぶり独立リーグ日本一」と「9年ぶりNPBドラフト指名」
徳島インディゴソックス「魂のセットアッパー」吉田 篤史氏が新監督就任!
~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!

【関連記事】
戸田懐生(徳島インディゴソックス)がソフトバンク三軍相手に5回無失点で5勝目!これで28回連続無失点! 【ニュース - 高校野球関連】
巨人・増田大輝(小松島出身)はかつての代走屋・鈴木尚広(相馬出身)に匹敵する活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術
次の記事:
【埼玉】 21世紀初!埼玉私学4強が決勝に残らない埼玉独自大会。初優勝は狭山ヶ丘か?昌平か?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る