鹿児島城西加藤学園の初めての甲子園同士の一戦は1点争う手に汗握る投手戦となる。

 加藤学園肥沼 竣と鹿児島城西の八方 悠介による打たせて取る両投手のピッチングを前に、なかなかチャンスが作れる。先に1点をどちらが取るのか注目が集まった。

 すると、6回に加藤学園が1番・太田 圭哉の二塁打からチャンスを作り、3番・大村 善将のタイムリーで先取点を奪う。すると8回には2番・杉山 尊のランニングホームランが飛び出すなど、2点を追加。3対0として9回に入り、エース・肥沼から鹿児島城西が代打・砂川侑弥のタイムリーで1点を返すもここまで。3対1で加藤学園が勝利した。

【速報ページはこちら】