亀山英輝(徳島インディゴソックス)が自己最速151キロ!開幕12試合連続無失点!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.08.08

 徳島インディゴソックスの150キロ右腕・亀山英輝は7日の愛媛マンダリンパイレーツ戦で、1.2回を投げ、3奪三振、無失点の快投で今季5セーブ目。そして自己最速の151キロをマークした。

 亀山はここまで12試合に登板し、防御率0.00。三振は投球イニング13.1回を上回る16奪三振、WHIPは0.45と優秀な数値を残した。小樽水産から札幌大を経て徳島インディゴソックス入り。大学時代の最速は148キロだったが、入団で3キロスピードアップし、最速151キロ。自身が目標とする「155キロ」まであと4キロに迫った。

 またスピードだけではなく、リリーフながら防御率0.00。亀山は結構苦しい場面での投入が多く、そのピンチを断ち切って失点も、自責点も0なのだから、素晴らしい。

 目標とする最短1年のNPB入りへ向けてアピールを続ける151キロ右腕の投球に注目だ。

(動画を見る)

関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト

【関連記事】
戸田懐生(徳島インディゴソックス)がソフトバンク三軍相手に5回無失点で5勝目!これで28回連続無失点! 【ニュース - 高校野球関連】
巨人・増田大輝(小松島出身)はかつての代走屋・鈴木尚広(相馬出身)に匹敵する活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
前橋育英vs健大高崎が実現!東東京では決勝戦が行われる8日の注目カード!
次の記事:
初回に死球受けるも意地の1安打 国士舘・齋藤光瑠は甲子園で集大成見せる!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る