• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 2021年世代の「一好投手」から「屈指の投手」へ格上げ。最速152キロ右腕・小園健太(市立和歌山)の凄みのある投球

2021年世代の「一好投手」から「屈指の投手」へ格上げ。最速152キロ右腕・小園健太(市立和歌山)の凄みのある投球

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.08.02

最速152キロ右腕・小園健太(市立和歌山)

 智辯和歌山vs市立和歌山という2019年選抜8強同士の対決は、超高校級の才能がぶつかりあう対決だった。市立和歌山はここ数年で全国レベルの才能を持った選手が多く育ってきており、それに比例するように、試合のグレードも高まっている。

 その中で来年のドラフト上位候補になりうる逸材が登場した。その名が小園 健太。貝塚ヤング時代では全国優勝の経験があり、主砲だった松川虎生とともに、市立和歌山の門を叩いた逸材は今年、最速152キロを計測している。

 実際に智辯和歌山戦で登板した小園のストレートは、140キロ中盤は出ていそうなストレート。高校2年生の段階では文句なしの球威である。

 ストレート以上に目を惹いたのが変化球の精度の高さだ。スライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシームと横系統の変化にかなり自信を持っており、特にカットボールは右打者の外角だけではなく、右打者の内角へ投げ込むフロントドアを使っており、投球の引き出しはかなり広い。

 投球フォームの完成度も非常に高い。左足にしっかりと体重を乗せ、左腕のグラブを斜めに伸ばして、開きを抑え、そこから内回りの旋回で右ひじを挙げていき、リリースに入るまでの流れが実にスムーズ。

 4回1失点で降板。その後、チームは逆転を許したが、和歌山最強とも言っていい智辯和歌山を抑える実力は十分にあることを示した。秋以降も死闘を繰り広げることになりそうだが、世代トップクラスの投手として秋以降も多数のスカウト、メディアから注目される逸材になるのではないだろうか。

 2021年度は投手豊作といわれている世代で、小園もその世代の好投手という位置付けだったが、この夏の成長と公式戦のアピールにより、世代トップクラスまで格上げされたのではないだろうか。

【関連記事】
智辯和歌山などが決勝に挑む!東海大甲府なども登場する6日の注目カード 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs日高【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
世代屈指の本格派右腕・小林樹斗(智辯和歌山)。力まない感覚で150キロ 【ニュース - 高校野球関連】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る