世代屈指の本格派右腕・小林樹斗(智辯和歌山)。力まない感覚で150キロ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.29

小林樹斗(智辯和歌山)※写真は昨秋近畿大会より

 小林 樹斗智辯和歌山)が28日の南部戦で1回無失点の好投。自己最速の150キロをマークした。

 小林が常に求めていたのは力感がなくても、140キロ後半を出せるストレートであるか。昨年夏の米子東戦の感覚について最も理想的と話していた小林。昨秋の投球は145キロ前後派出ていてもどこか力んでいたり、ボールの角度が感じられない。今年1月、中谷仁監督に現状の小林について聞くと、結構打たれることが多いという話を聞いた。小林は投球練習から体重移動について試行錯誤している様子が感じられ、初芝橋本で監督を務めていた芝野副部長といろいろ話し込んでいる様子が見受けられた。

 自粛期間もあり、こういった日々の試行錯誤がついに実を結んだ。力まなくても、左足を挙げてから体重移動まで余計な力が入っておらず、鋭い腕の振りから繰り出す常時140キロ後半のストレートは威力があり、南部の打者を次々と押し込む投球。昨年に比べて格段に成長した様子が見受けられた。

 ストレートの球威自体は今年の高校生投手でもトップクラスだろう。あとは長いイニングを投げてどれだけ投球ができるのか、

 8月1日の市立和歌山戦ではどんな投球を見せていくのか、楽しみである。


関連記事
智辯和歌山、4投手の継投で初戦突破!プロ注目の1番・細川凌平も躍動!
智辯和歌山の課題は「個」のレベルアップ。コンバートなどを経て全選手がレベルアップ!
【組み合わせ】2020 夏 高校野球和歌山大会

【関連記事】
智辯和歌山などが決勝に挑む!東海大甲府なども登場する6日の注目カード 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs日高【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
2021年世代の「一好投手」から「屈指の投手」へ格上げ。最速152キロ右腕・小園健太(市立和歌山)の凄みのある投球 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
小林 樹斗(智辯和歌山) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【ドラフトニュース】最速151キロ右腕・氏家蓮、超強肩捕手、150キロ右腕、宮崎県屈指の強打の捕手など5名が提出!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る