ヤクルト・長谷川の後輩 聖徳学園のプロ注目右腕・松崎公亮がスカウトの前で雨中の完投勝利

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.28

聖徳学園・松崎公亮

 プロ注目右腕が、雨中の逆転劇を呼び込んだ。

 府中市民球場の第3試合では、聖徳学園のプロ注目右腕・松崎公亮が登板。試合前から雨が降る悪いコンディションの中だったが、明大明治打線を相手に序盤から直球で押していった。

 1点リードの3回裏に味方のミスも絡んで2点を失ったが、力のある直球をコーナーに投げ分け、その後はスコアボードに「0」を並べていく。

 松崎の好投で流れをたぐり寄せた打線は、8回に3番・山縣悠孝、5番・柊雄介の連続タイムリーで逆転に成功し、その後も8回、9回を松崎が抑えて逆転勝利。松崎は9回を投げ抜き、5安打2失点の好投を見せた。

 試合後、松崎は「雨はそれほど気になりませんでした。最後まで逆転を信じて投げました」と力強く話し、会心の逆転勝ちに思わず笑みをこぼした。

 この日はNPBスカウト1球団が視察に訪れ松崎の投球を見守ったが、将来についても「最終的にはプロで勝負したい」とプロ志望を口する。
 高校卒業後の具体的な進路については大会後に決める予定だが、今大会ではさらにアピールを続けるつもりだ。

 次の3回戦では、昨秋の東京都大会ベスト4の創価と対戦する。
 創価のエースで146キロ右腕の森畑 侑大は、調布シニア時代のチームメイトであり、「組み合わせが決まった時から意識していた」と対戦に胸を高鳴らせる。

 都内屈指の実力校を相手に、どんな投球を見せるのか注目だ。

【関連記事】
郁文館vs聖徳学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第119回 中学時代はベンチ外の外野手。143キロ右腕へ成長した松崎公亮(聖徳学園)のプロセス【高校野球コラム】
創価vs聖徳学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
聖徳学園vs明大明治【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
錦城vs都立調布南【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
都立小平vs都立桜町【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
育成から支配下、そして1軍の舞台へ。急成長を遂げる注目株・長谷川宙輝(聖徳学園出身)の魅力 【ニュース - 高校野球関連】
練習試合で好投!ヤクルト長谷川宙輝は江藤智以来の一軍出場となるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第54回 高校生投手は豊作!ドラフト前に押さえておきたい31名の投手たち【ドラフト特集コラム】
第417回 聖徳学園高等学校 長谷川 宙輝投手【後編】「プロ注目左腕が歩んだ道は聖徳学園ナインの道標となった」 【2016年インタビュー】
第416回 聖徳学園高等学校 長谷川 宙輝投手【前編】「中里監督とはじまったプロ注目左腕への道」 【2016年インタビュー】
第375回 聖徳学園高等学校(東京)【野球部訪問】
聖徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
森浦大輔は天理高、天理大と進んだ選手で初のドラフト指名となるか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る