群馬の私学から恐れられる安中総合清水 惇が昨秋以上の成長を見せた。昨秋、桐生第一に敗れ、制球力、変化球の精度、出し入れに課題を残した清水。しかし健大高崎戦では、かなり成長した投球を見せてくれた。

 本人は昨秋からオリックスの山岡 泰輔を参考にしたと語るように、足の挙げ方、体重移動まで、山岡に似た投球フォーム。上半身、下半身が連動した動きとなっており、回転数の高い140キロ前後のストレートが次々とコーナーへ決まっていき、スライダー、フォーク系の変化球を低めに集め、ストレート、変化球の出し入れが格段にうまくなり、強打の健大高崎打線も凡打の山。安心感を与える投球だった。

 惜しくも7回裏に3失点を喫したが、それ以外のイニングは文句なしの投球だった。

 長い自粛期間はあったが、しっかりと目的意識をもって投球をしていたのが、伺えた。

 大学でプレーすることを誓った清水。このマウンドさばきのうまさ、速球、変化球の切れ味を見れば、大学でも活躍できる素質は十分にありそうだ。

■大会日程・結果・応援メッセージを送る■
群馬県高等学校野球大会の大会日程・結果を見る

■清水投手の独占インタビューを読もう!■
【No.1】少人数の野球部から軟式の日本代表へ。強豪私学が恐れる好投手・清水 惇(安中総合)の軌跡【前編】
【No.2】目指すは群馬の山岡泰輔。心技体を成長させた清水惇(安中総合)のプロセス【後編】