27日、群馬県高等学校野球大会2回戦で屈指の好カード・健大高崎vs安中総合の一戦が、桐生球場にて行われた。
 強豪・健大高崎打線相手に、プロ注目右腕の安中総合のエース・清水 惇がどんなピッチングを展開するか注目が集まった。

 試合は、初回に安中総合が1点を先制。先発の清水は、健大高崎打線を6回まで無失点に抑える好投を続ける。6回には、四球やパスボールなどから走者を三塁まで進めるなどピンチも招くも、力強いピッチングでこの回も無失点で切り抜ける。しかし、7回裏。ついに健大高崎が清水を捉え、この回、一挙3得点。その後、安中総合は反撃ならず、3対1で健大高崎が逆転勝利を収めた。

 好投手・清水の夏はここで終わったが、また次のステージでの活躍を楽しみにしたい。

■大会日程・結果・応援メッセージを送る■
群馬県高等学校野球大会の大会日程・結果を見る

■清水投手の独占インタビューを読もう!■
【No.1】少人数の野球部から軟式の日本代表へ。強豪私学が恐れる好投手・清水 惇(安中総合)の軌跡【前編】
【No.2】目指すは群馬の山岡泰輔。心技体を成長させた清水惇(安中総合)のプロセス【後編】