大山悠輔が絶好調も…他は苦しむ1994年生まれ世代の阪神野手陣

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.28

大山 悠輔(阪神)

 阪神の大山 悠輔が好調だ。今シーズンはマルテとの争いに敗れ、開幕はベンチスタート。2試合目はスタメン出場だったものの、ポジションは慣れ親しんだ三塁ではなく左翼だった。

 以降、途中出場が続いていたものの、マルテが離脱したこともあり、7月5日の広島戦では「4番・三塁」でスタメン出場を果たす。その試合で2安打を放つと、今までの鬱憤を晴らすかのように調子を上げていく。

 7月27日終了時点で打率.321(81打数26安打)、8本塁打、18打点と結果を残している。規定打席には届いていないものの、本塁打と打点はともにチームトップと、まさに4番の働きを見せている。

 そんな大山は1994年生まれ世代(1994年4月2日〜1995年4月1日生まれ)であり、チーム内にも同学年の野手は多くいるが、今シーズンは軒並み苦しんでいる。

 野手では近本光司がここまで打率1割台となっており、新人王を争った昨シーズンの勢いが見られない。ここ数試合は定位置でもあった中堅に大ベテランの福留孝介が入り、近本がスタメン落ちするほどだ。

 近本と同じく2年目の木浪聖也は守備面での向上が見られているものの、打率は2割台前半。6番、7番といった下位打線を任されているとはいえ、得点圏打率.069で打点が3というのは少しさみしい数字だ。

 糸原 健斗の離脱で代行主将に任命された北條 史也も7月24日の中日戦では2安打を放ったものの、打率は2割に届いていない。今後、スタメン出場も増えていくことを考えるとこの数字では物足りない。

 その他では長坂 拳弥と片山雄哉も同学年。しかし捕手というポジションもあり、ここまでは一軍での出番は訪れていない。

 ここまでを見ると、大山という主砲の脇を固めなくてはならない近本、木浪、北條、そして長坂、片山の同世代組が結果を残せていないのは気がかりだ。

 彼らの多くは今シーズン中に26歳を迎える。年齢的にもチームの中心的な存在となり、今後を背負っていかねばいけない立場でもある。大山の活躍に刺激され、奮起することに期待したい。

 <1994年生まれ世代の阪神野手>

長坂 拳弥健大高崎高→東北福祉大)
木浪聖也(青森山田高→亜細亜大→ホンダ)
片山雄哉(刈谷工→至学館大短大→福井ミラクルエレファンツ)
北條 史也光星学院高)
近本光司(社高→関西学院大→大阪ガス)
大山 悠輔つくば秀英高→白鴎大)

 ※数字は2020年7月27日終了時点

(記事=勝田 聡)


関連記事
控え選手中心の中学時代からプロ注目の大型捕手へ。田所宗大(いなべ総合)の着実な成長ステップ
通算58本塁打の大砲、超高校級の「坂本勇人」など「公立校」にいる逸材たち
【組み合わせ】2020年三重県高等学校野球夏季大会

【関連記事】
高山俊、近本光司が球団新人最多安打記録更新!大山悠輔も長打力発揮! 【ドラ1選手のルーキーイヤー】 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 【12球団ドラフト指名予想】阪神は井上広大のようなスケールの大きな野手を指名し猛虎打線再来へ!【プロ12球団ドラフト分析2020】
平均球速158.3キロを記録した藤浪晋太郎(大阪桐蔭出身) 中継ぎを経て復調のきっかけを掴むのか? 【ニュース - 高校野球関連】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第3回 「補強ポイントは全部?!」スポーツライター・小関順二さんが阪神タイガースのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第89回 NPB通算防御率1点台突入へ! 藤川球児(阪神タイガース)が「リ・ボーン」した場所【高校野球コラム】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第503回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「赤松 真人選手が語る!グラブはイチロー選手と同じモデルの理由」【後編】 【2017年インタビュー】
第502回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「教えて赤松 真人選手!『まずは外野守備に興味を持とう!』」【前編】 【2017年インタビュー】
第498回 小野 泰己投手(折尾愛真-富士大)「『一歩ずつ』を大事に、聖地・甲子園で花開かせる」【後編】 【2017年インタビュー】
大山 悠輔(つくば秀英) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
公立校唯一の4強入りした山田(大阪)。上宮、大産大附など私学5校を破った機動力野球に注目!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る