セ・リーグ防御率1位の平良拳太郎(横浜DeNAベイスターズ)! 高校最後の夏は初戦敗退だった

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.26

高校時代の平良拳太郎

 7月26日時点でセ・リーグ防御率ランキングトップを走っている横浜DeNAベイスターズの平良 拳太郎。先発陣に左腕が豊富なチームの中で、エースの今永 昇太らとともにチームを支える右腕の高校最後の夏を振り返る。

平良 拳太郎 (北山・2013年)
沖縄大会
2回戦 1対2 美里

 春の県大会決勝では、15奪三振を記録し、エースとしてチームの優勝に貢献した。

 その後の九州大会でも、強豪・創成館(長崎)との試合で緊迫した投手戦となる中、16奪三振を記録し完封勝利を収めるなど活躍を見せた。しかし、夏の大会の初戦となった美里高校との試合に登板するも、延長14回の死闘の末、サヨナラ負けを喫し、涙をのんだ。

 甲子園に出場することはできなかったが、2013年のドラフト会議で読売ジャイアンツから5位指名を受け、プロ入りを果たした。

 2016年のオフに山口 俊の人的保障として横浜DeNAベイスターズに移籍すると才能が開花。移籍1年目の2017年にプロ初勝利をマークすると、2018、2019年と5勝をマーク。

 開幕ローテーション入りを果たした今シーズンは開幕から好投を続け、現在は2勝をマーク、防御率は他球団のエースを抑え、リーグトップを走っている。移籍4年目となり、チームにも完全に定着した琉球右腕がチームを悲願の優勝へ向けて引っ張る。

【関連記事】
平良拳太郎(DeNA)は同郷の先輩たちの背中を追いかけて覚醒なるか 【ニュース - 高校野球関連】
【沖縄県展望】Dブロックは中部商、沖縄尚学、沖縄水産などが揃う激戦区に!参加校数59校の頂点に立つのは? 【ニュース - コラム】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
北山vs未来沖縄【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第7回 2019年沖縄の高校野球は『燃』えるような試合ばかり!漢字一文字で1年間を総括!【沖縄の高校野球】
第3回 山川穂高に東浜巨...小さな島国・沖縄からプロ野球選手を輩出し続けられる理由 vol.3【沖縄の高校野球】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
北山vs知念【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
興南vs北山【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
北山vs糸満【沖縄県 2019年春の大会 春季沖縄県大会】
北山vs南部工【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
平良 拳太郎(北山) 【選手名鑑】
北山 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
胸に漢字が刻まれたユニフォームを採用している主な強豪校一覧!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る