ドラフト市場を握る高校生左腕。7月から独自大会が開幕して立ち位置に大きな変動があった。

トップ 高田 琢登静岡商
トップ 松本 隆之介横浜

急浮上 福島 章太倉敷工
急浮上 根本 悠楓苫小牧中央

プロ志望 辻垣 高良学法福島
プロ志望 下 慎之介健大高崎
プロ志望 榮 龍騰津田学園

 トップの高田はここまでの3試合の13.1回を投げて、23奪三振の快投。わずか2失点と安定感も抜群。変化球の精度も格段に向上し、速球、スライダーの単調なコンビネーションから脱したことが成長の要因となっている。松本の登場は8月になりそうだが、最速152キロまで球速が伸びており、ストレートの威力そのものも大きくレベルアップ。もともと強弱をつけるのがうまく、スライダー、チェンジアップの切れも良い左腕だったが、圧力のあるボールを投げることができており、神奈川大会の投球内容次第ではナンバーワン左腕の評価をされていてもおかしくない。

 また初戦敗退となった福島 章太倉敷工)も最速146キロを計測。10球団も詰めかけるほどで、注目度は大きく上がった。また根本も最速145キロをマークし、評判は少しずつ上がっている。
 また、プロ志望を表明している3名で、最も注目したいのが健大高崎の下。12日の作新学院戦での最速は140キロだったが、何よりこの投手は質の良い真っすぐが投げられ、さらにスライダーの投げ分けも上手く、ただ速いだけの投手ではない。完成度も非常に高く、群馬独自大会、交流試合で評価を高めることができるか注目したい。

関連記事
第242回 ドラフト候補期待度ランキングベスト20!1位に選ばれたのはあの選手!
甲子園球児・ドラフト候補多数!戦国東都・一部リーグ注目の新入生12名!
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!