鶴岡東が13得点の猛攻で羽黒に勝利!強豪対決を制す

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.24

勝利した鶴岡東 ※写真は昨秋の東北大会で撮影

 7月24日、山形県高等学校野球大会2020では、2回戦で鶴岡東羽黒の強豪対決が実現。試合は、鶴岡東が13対6で羽黒をくだした。

 点の取り合いとなったこの試合。先にリードを奪ったのは鶴岡東だった。初回に先制するも、すぐに同点とされて迎えた2回、4安打を集めて一挙4得点。4回、6回にもそれぞれ2得点を奪い、じわじわとリードを広げた。

 4点リードの最終回には、馬場和輝の3ランが飛び出し、羽黒を突き放した。鶴岡東は安打数こそ8だったが、走者を溜めてから長打を放つなど効率的に加点し、13得点を挙げた。

 羽黒も、庄司龍舞のホームランなどで追い上げ、13安打6得点を奪ったが、及ばなかった。

【関連記事】
昨秋8強の羽黒。野球が出来る喜びを感じつつ、全員の想いを1つにして独自大会へ 【ニュース - 高校野球関連】
山形ナンバーワンピッチャー・篠田 怜汰(羽黒)が意気込みを語る! 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
清宮の次に巨人が狙っていた逸材・村上宗隆(東京ヤクルト)のドラフト秘話とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る