ドラフト候補左腕・高田琢登が6Kリリーフ!自ら決勝打を放ち投打に活躍!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.24

静岡商・高田琢登

 7月24日、今秋ドラフト候補左腕の高田 琢登擁する静岡商が、沼津東を4対3で下した。高田はこの試合でも奪三振を量産し、チームの勝利に貢献した。

 23日の3回戦では、御殿場西を相手に7回1失点、10奪三振完投勝利を挙げた高田。この日は1点リードの4回途中からマウンドに上がったが、自らのワイルドピッチでいきなり同点を許してしまった。

 しかし、直後の5回に自らのタイムリーで1点を勝ち越すと、以降は走者を背負いながらも得点を許さないピッチングを披露。最終回には上位打線を三者連続三振で抑え、試合を締めた。高田はこの日3回1/3を投げて、被安打1、奪三振6を記録。前日に続いての好投となった。

 次戦は26日で、三島南に勝利した静岡と対戦する。

【関連記事】
高校生ナンバーワン左腕候補・高田琢登(静岡商)。昨年より進化した変化球を武器に2試合で17奪三振の快投! 【ニュース - 高校野球関連】
3回7奪三振の高田琢登(静岡商)、高校通算29号を放った布施心海(明豊)など7月18日に躍動した5人のドラフト候補たち 【ニュース - 高校野球関連】
第1220回 さらなる進化へ今永フォームを模倣。高校屈指の左腕・高田琢登の視点は高卒プロへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1215回 高校生屈指の148キロ左腕・高田琢登(静岡商)。自身を変えるきっかけとなった津商戦【前編】 【2020年インタビュー】
第239回 中森俊介、篠木健太郎を筆頭にオリンピックイヤーをけん引する40人の好投手たち【ドラフト特集コラム】
高田 琢登(静岡商) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
昨夏の宮崎王者・富島はいかにして自粛期間を乗り越えてきたのか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る