タイブレークの末、成城が9回に一気に4点を奪い、足立工の猛追振り切る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.24

勝利した成城の選手たち

 セミの鳴き声も聞こえてくる大田スタジアムの第1試合は成城都立足立工の一戦。先攻をとった成城は初回、都立足立工先発・岩渕祥から2つのエラーで一死二塁と先生のチャンスで3番・石原慶輔のレフトへの流し打ちで二塁ランナーが生還。幸先よく成城が先取点をもぎ取る。

 成城の先発はエース・石原。身体を大きく使ったダイナミックなフォームからストレートを主体に、右打者には横のスライダー。左打者にはチェンジアップも混ぜるなど、コーナーを広く使った投球で3回までノーヒットのピッチングを見せる。

 エース・石原を援護したい成城打線は4回、4番・且元康治郎の二塁打を皮切りに一挙6得点の猛攻。7対0と試合の主導権を握ったかのように思われた。

 しかし5回に5番・黒長琉斗のタイムリーなど一挙4得点挙げて反撃ののろしを上げると、6回にも2番・原隼哉のタイムリーで都立足立工が2点差まで詰め寄る。そうすると勢いは都立足立工にあり、7回には成城2番手・亀田将の押し出しなどで都立足立工が勝ち越しに成功する。

 それでも成城は8回に同点に追いつくと、2時間半で決着がつかずに9回からタイブレークに突入。先攻の成城が9回に一気に4点を奪うと、最後は都立足立工を無失点に抑えて、ゲームセット。成城都立足立工の猛追を最後に振り切って、13対9で勝利した。

 試合後、且元主将は、「中盤に追い上げられて止められなかったのは課題ですが、タイブレークに入ってからは得点からの良い流れで守備に入れたのは良かったです」と次戦に向けての課題と収穫をコメントした。

【関連記事】
帝京vs成城【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
成城vs都立板橋【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
成城学園vs都立深沢【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
成城vs都立足立工【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
都立鷺宮vs成城【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東京都一次予選開幕!12試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立の強豪、好投手対決!都立小山台、転がす打球で紅葉川・小山を攻略!5試合を徹底レポート【東東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第46回 成城高等学校(東京)【僕らの熱い夏2015】
都立足立工 【高校別データ】
成城 【高校別データ】
成城 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
三振数の多さは懸念材料も…。佐藤輝明(近畿大)の長打力はロマンが詰まっている
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る