【トーナメント表をチェック!】

 47都道府県で、最速で独自大会のベスト4が出揃ったのが秋田県である。

 18日は140キロカルテット擁するノースアジア大明桜秋田修英相手に5対3で辛勝。能代松陽は8対3で大館国際情報学院に勝利している。

 そして19日は由利が14対4で横手清陵に勝利。そして伝統校・秋田商が8対4で湯沢翔北に勝利し、4強入りを決めた。

 これでベスト4入りしたのは由利、能代松陽秋田商ノースアジア大明桜の4校となった。

 秋田県は明日20日も準決勝が開催。そして7月22日(火)には47都道府県最速で県王者が決まる。

トーナメント表は下記リンクからチェック!
トーナメント表

■大会の詳細・応援メッセージ
2020秋田県高等学校野球大会