猛打連発の堂林翔太(中京大中京出身)に訪れた高校の先輩・稲葉、嶋とのある共通点とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.18

広島東洋カープの堂林翔太

 広島東洋カープの堂林 翔太中京大中京出身)の勢いが止まらない。

 7月16日の巨人戦で右中間スタンドへ今シーズン第4号、そして7月17日の東京ヤクルト戦では5打数4安打の大活躍。

成績は打率.446、4本塁打、15打点。さらには得点圏打率.524と走者が出たらこれほど恐ろしい打者はいない。もちろん打率、得点圏打率はセ・パ両リーグでも単独トップで、安打数は東北楽天の鈴木 大地桐蔭学園)の34安打の1本差に迫る状況だが、鈴木は24試合出場に対し、堂林は19試合で33安打なのだから、恐ろしいペースで安打を打っていることがよくわかる。

 今年は105試合に出場して79安打を放った2013年、93試合に出場し、70安打と放った2014年よりもすごいペースで、19試合で半数近い33安打を打っているのだから、これは復活というより「進化」をしている表現がぴったりだろう。

 今回紹介したいのは、過去に活躍を見せてきた中京大中京出身の野手たちの29歳シーズンでキャリアハイに数字を残していることだ。

 その実例として、1人目は稲葉篤紀(法政大ーヤクルト-北海道日本ハム)。28歳だった2000年は87試合にとどまったが、29歳となった2001年は138試合出場、打率.311、25本塁打、90打点の大活躍でリーグ優勝、日本一を達成。ベストナインも受賞している。

 また嶋基宏(国学院大-東北楽天-東京ヤクルト)は29歳だった2013年、キャリアハイの134試合に出場し、リーグ優勝。日本一に貢献。ベストナイン、ゴールデングラブも受賞し、選手キャリアとして最も輝いた年だった。

 中京大中京出身の堂林が先輩2人と同じく29歳のシーズンでこうした活躍を迎えているのは驚きという言葉しかない。もちろん先輩と同じくキャリアハイの成績を残すことができれば、堂林の今後、30代シーズンにとって大きな影響を与えるのではないだろうか。ぜひ今後も安打を量産し続けることを期待したい。


関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
【愛知】中京大中京が4年ぶり優勝!154キロ右腕・高橋宏斗が完璧リリーフ!<トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
中京大中京vs春日丘【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
最速152キロは必然。急成長を続ける高橋宏斗(中京大中京)は高校生ナンバーワンのスケール 【ニュース - 高校野球関連】
中京大中京vs栄徳【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第1010回 夏季愛知県大会展望 抜けて強い中京大中京に対して至学館、享栄、愛工大名電などがどこまで抵抗するか【大会展望・総括コラム】
第116回 交流試合の最注目株・中京大中京期待の「5人衆」をピックアップ!【高校野球コラム】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
堂林 翔太(中京大中京) 【選手名鑑】
中京大中京 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
森木 大智(高知2年)独自大会登録外れ 最終学年での飛躍に専念!
次の記事:
明豊、仙台育英、日本ウェルネスなどの強豪が快勝。昨夏甲子園出場の長崎海星はコールド負け
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る