勢いが止まらない栗原陵矢、岡本和真!1軍デビューした岸潤一郎ら2014年U18日本代表の現在は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.09

左から岡本和真、栗原陵矢、岸潤一郎

 開幕戦でサヨナラ打を放って一役名を広げた栗原 陵矢の勢いが止まらない。8日の楽天戦で1番レフトでスタメン出場を果たすと、ホームランを含む5打数1安打。今シーズンは打率.310、4本塁打、15打点と、プロ6年目の今年はキャリアハイを狙える勢いだ。

 高校時代はU18代表にも選出された栗原だが、チームメイトにはセ・リーグで大活躍するスラッガー・岡本 和真。さらに、先日1軍デビューを果たした岸 潤一郎などがいた。今回は2014年のU18日本代表の現在を見てみた。

【投手】
岸 潤一郎明徳義塾-拓殖大中退-徳島インディゴソックス-埼玉西武ライオンズ)
森田 駿哉富山商-法政大-Honda鈴鹿)
山城 大智沖縄尚学-亜細亜大-トヨタ自動車)
飯塚 悟史日本文理-横浜DeNAベイスターズ)
髙橋 光成前橋育英-埼玉西武ライオンズ)
小島 和哉浦和学院-早稲田大-千葉ロッテマリーンズ)

【捕手】
栗原 陵矢春江工-福岡ソフトバンクホークス)
岸田 行倫報徳学園-大阪ガス-読売ジャイアンツ)
岡田 耕太敦賀気比-駒沢大-JFE東日本)

【内野手】
安田 孝之明徳義塾-大阪学院大)
吉田 有輝履正社-明治大-JR東海)
安里 健沖縄尚学-亜細亜大-スリーボンド<軟式>)
峯本 匠大阪桐蔭-立教大-JFE東日本)
岡本 和真智辯学園-読売ジャイアンツ)
香月 一也大阪桐蔭-千葉ロッテ)

【外野手】
脇本 直人健大高崎-千葉ロッテ-相双リテック<軟式>)
徳本 健太朗(龍谷大平安-青山学院大-トヨタ自動車)
浅間 大基横浜-日本ハム)

 18名のメンバーのうち、現在もプロの世界で活躍する選手が9名と半数を占める。先述した岡本が抜きんでた活躍だが、その岡本と現在チームメイトなのが岸田。激しい正捕手争いを繰り広げており、これからのブレークに期待がかかる。

 またセ・リーグには横浜DeNAで奮闘する飯塚がいる。2017年から毎年1軍で登板はしているものの、2019年は白星を掴めぬままシーズンを終えた。2020年はブレークのキッカケとなる1年にしたい。

 一方、パ・リーグは栗原を含め6人がプレー。先日1軍デビューした岸と、2013年の甲子園優勝投手・高橋はリーグ3連覇を目指す埼玉西武でプレー。高橋はルーキーイヤーの2015年に1軍で登板しており、完封も経験している。昨年は自身初の2桁勝利を記録しており、今年は真価が問われるところだ。

 また2013年の選抜優勝投手・小島と香月は千葉ロッテで奮闘中。1軍定着に向けてそれぞれが自己研鑽を重ねている。

 プロに進んでいない9名の中で、「琉球のライアン」と称された山城と名門・龍谷大平安でプレーしていた徳本がトヨタ自動車で継続中。また、JFE東日本では敦賀気比出身の岡田や、大阪桐蔭で夏の甲子園優勝を経験した峯本がプレーをしている。

 さらに、法政大で1年生ながら春季リーグ戦で開幕投手を務めた森田。そして履正社、明治大と強豪を渡り歩く吉田が社会人で現役を続けている状況だ。プロ、社会人に関係なく、今後も互いが刺激を与えあい、さらなるレベルアップをしてくれることを期待したい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。


関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

【関連記事】
【大阪】大阪桐蔭が近大附にコールド勝利で32強入り!翌20日には履正社が登場!<19日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
着実に成長!ロッテ・藤原恭大(大阪桐蔭出身)の1年目と2年目のファームの成績を比較 【ニュース - 高校野球関連】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県高等学校選抜野球大会】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
明徳義塾vs鳥取城北【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
2年ぶりの優勝を果たした木更津総合!戦国千葉の頂点に上るまでを徹底総括
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る