七夕(7月7日)に起きた履正社若手コンビの活躍。寺島成輝はプロ初勝利、安田尚憲は今季初本塁打!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.08

高校時代の安田尚憲と寺島成輝

 2019年に初めて日本一に輝いた履正社。大阪のライバル・大阪桐蔭と毎年熱戦を繰り広げる超名門校から現在8名のプロ野球選手が現役でプレーをしている。その中でも7日に活躍したのが、2017年卒の寺島 成輝と2018年卒の安田 尚憲の2人だ。

 2016年のドラフトで東京ヤクルトスワローズにドラフト1位で入団した寺島投手。ルーキーイヤーとなる2017年から毎年1軍での登板機会を得ていたものの、1軍での勝利をなかなかつかめていなかった。

 しかし2020年は開幕戦から1軍入りをすると、5日までに5度登板するなどリリーフとしてポジションを確保しつつあった。

 そして7日の中日戦では6番手で登板して1回投げて打者4人を抑えるピッチング。その後、味方が勝ち越して寺島に勝ちが転がり込んだ。嬉しい1軍での初勝利を掴み、ここからの活躍にさらに期待が高まる。

 そして寺島の1学年の下になる安田もプロ3年目で初の開幕1軍スタートを切ったものの、5日の試合終了時点では打率は1割を切っており思うような結果を残せず。1軍のレベルに苦戦を強いられていたものの、7日の埼玉西武ライオンズ戦で7番指名打者でスタメン出場を果たす。

 すると、6回の第3打席に髙橋 光成前橋育英出身)からライトスタンドに飛び込むホームランを放つ。今シーズン初ホームランは、2018年以来となり、1軍では通算2本目のホームランとなった。これで埼玉西武を突き放し、チームの勝利に貢献した。

 今シーズンは履正社の先輩であるT-岡田がリーグ2位の16打点をマークするなど好調であることをアピール。またファームではルーキーの井上 広大が活躍するなど、履正社OBが力を発揮している。寺島、安田も勢いに乗って一気にブレークすることを今後期待したい。

(記事=編集部)

【関連記事】
履正社と関大北陽が最終戦を勝利で飾る!大阪桐蔭は好機逃す!2試合を徹底レポート!【大阪大会】 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】履正社が夏では21年ぶりに大阪桐蔭に逆転勝利!<10日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
館山昌平、復活への道
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
鵬学園、金沢大附が3回戦進出!【選手権石川大会・16日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る