15年ぶりの”東京対決”!2010年夏の3回戦を戦った関東一と早稲田実ナインのその後

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.07

高校時代の山下 幸輝(左)、大学時代の重信 慎之介(右)

 2010年の第92回大会3回戦では15年ぶりの東京対決が実現した。東東京代表の関東一対西東京代表の早稲田実業との一戦は、関東一が11安打10得点と打線が爆発。10対6で関東一が勝利を収めた。

 関東一の主将で5番・捕手の本間 諒は5打数2安打4打点の活躍で同校25年ぶりと夏ベスト8に牽引した。この試合からは、3回に本塁打を放った、関東一の1番・山下 幸輝と、2年生で1番を務め、この試では4打数3安打5打点を記録した早稲田実業の重信 慎之介の両1番打者がNPB入り。そのほかにも社会人、独立リーグなどで活躍を続ける選手が多い。

 そこで今回は、2010年の夏の3回戦を戦った、関東一早稲田実業ナインのその後を紹介する。

【関東一】
投手 井手 一希 2年(東京情報大)
投手 白井 慶一 3年(駒沢大)
投手 加藤 暁雄 3年(高千穂大)
捕手 本間 諒 3年(立正大-セガサミー)
内野手 山下 幸輝 3年(国学院大-横浜DeNA)2014年5位
内野手 伊藤 慎二 3年(朝日大)現関東一コーチ
内野手 宮下 明大 3年(SUBARU)
内野手 小野寺 颯人 2年(朝日大-三菱日立パワーシステムズ-REVENGE99)
内野手 船越 亮 2年(東京情報大)
外野手 渋沢 麻衣弥 3年(高千穂大)
外野手 羽毛田 裕基 3年(桜美林大)

【早稲田実】
投手 鈴木 健介 3年(早稲田大)
投手 内田 聖人 2年(早稲田大-JX-ENEOS)
投手 八木 健太郎 1年(早稲田大-トヨタ自動車)
捕手 土屋 遼太 3年(早稲田大-JFE東日本)
捕手 渡辺 琢也 2年(早稲田大)
内野手 重信 慎之介 2年(早稲田大-読売)2015年2位
内野手 真鍋 健太 2年(早稲田大-ENEOS)
内野手 江間 拳人 1年(早稲田大)
内野手 磯網 将人 3年(早稲田大)
内野手 深沢 恒太 3年(早稲田大)
外野手 安田 権守 3年(早稲田大-TOKYO METS-BC群馬-BC武蔵-カナフレックス-斗山ベアーズ)
外野手 小野田 俊介 3年(早稲田大-東京ガス)
外野手 柿沼 陽亮 3年(早稲田大)
外野手 松井 克成 3年(早稲田大<準硬式>)

 早稲田大に進学した早稲田実業の3番・安田 権守は1年夏に硬式野球部を退部。在学しながらクラブチーム・TOKYO METSで硬式野球を継続。その後BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスにドラフト指名を受け入団し、1年目から68試合に出場し、本塁打4、打率.351を記録。リーグベストナインにも選出された。

 翌年、武蔵ヒートベアーズに移籍し1年間プレー。2016年からは滋賀のカナフレックス硬式野球部で3年間在籍し、昨季KBOリーグのトライアウトを受験し、斗山ベアーズに指名を受け入団。今季からプロ1年目のシーズンを迎えた。

 2年の内田 聖人は3年時には早稲田実業の背番号1を背負い、夏の西東京大会準優勝まで牽引、早稲田大を経てJX-ENEOSで2年プレーした後、2019年の2月に米独立リーグのトライアウトを受験し、野球の本場・アメリカでプレー。現在は自らの経験を生かし、ピッチング指導の専門家として野球アカデミーなどを運営する「NEOLAB」を創設し活動している。

 八木 健太郎はトヨタ自動車で、土屋 遼太はJFE東日本で、真鍋 健太はENEOS現在も現役としてプレーしている。

 また、内野手の磯網 将人の2人の弟、磯網 遊斗磯網 栄登(現日本通運)は共に東海大相模で甲子園に出場。次男の遊斗は2011年の選抜優勝時の主将で、三男の栄登も2015年夏の全国制覇を経験。三兄弟揃って甲子園の土を踏んだ。

 関東一の5番・本間 諒は立正大に進学すると、2年春から左翼手として試合に出場。4年春には東都2部リーグ2位の打率.386を記録。4年秋にはリーグMVPに選出された。大学卒業後はセガサミーに進み、4年目の2018年には都市対抗4強に貢献。今季は社会人6年目のシーズンを迎えた。

 2年の小野寺 颯人は朝日大を経て三菱日立パワーシステムズで3年間プレー。現在はREVENGE99で硬式野球を継続中。同じく朝日大に進学した伊藤 慎二は大学卒業後母校に戻り、コーチとして指導の道に進んだ。

 高校野球引退後もプロ、社会人、指導者など多岐にわたり野球界に携わる選手が多い両校ナインたち。今後も彼らの活躍に注目していきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。


関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

【関連記事】
関東一野球の象徴だった渡邉貴斗主将 将来は体育教員を目指す 【ニュース - コラム】
第131回 関東一野球の象徴だった渡邉貴斗主将 将来は体育教員を目指す【高校野球コラム】
帝京vs関東一のAI選手評【東東京決勝】 【ニュース - 高校野球関連】
帝京vs関東一【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
関東一vs大森学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
関東一vs都立城東【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
国士舘vs早稲田実業【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
関東一vs立正大立正【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1029回 昨夏甲子園ベスト8から1年。どんな時でも「関東一野球」は生き続けている【野球部訪問】
第1224回 右打者として歴代でもトップクラス。高校通算23本塁打・重政拓夢(関東一)が目指すは東京王者 【2020年インタビュー】
第1225回 投手本格専念は高校から。関東一の最速137キロ左腕・今村拓哉の決意「自分の個性を発揮したい」 【2020年インタビュー】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1027回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在 【2019年インタビュー】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
関東一 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
11人全員が移籍or引退 ダルビッシュ有、涌井秀章ら86年世代ドラ1の現在地
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る