福岡4地区の独自大会の組み合わせが決定!北九州、福岡中央地区は強豪校同士の戦いが目白押し

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.03

筑陽学園、福岡大大濠らの初戦は?福岡地区の組み合わせが決定!

 7月3日、福岡高野連は福岡中央地区、北九州市内地区の組み合わせを発表した。2地区はともにトーナメント制で地区優勝を争う。

 北九州地区に登場する九州国際大付戸畑と対戦する好カード。また自由ヶ丘折尾愛真と同ブロックとなっている。また、強豪・小倉工小倉西と対戦。星琳と同ブロックで、真颯館と古豪・小倉がいきなり激突。さらに東筑が同ブロックなど序盤から激戦が予想される。

 福岡中央地区では昨秋4強の宗像苅田工と対戦。また東海大福岡は玄海と対戦する。宗像飯塚と同ブロックとなっており、大会序盤からタフな戦いとなりそうだ。

 大会は両地区とも18日から開幕。また決勝戦はともに8月2日で予定をされている。

 これで全4地区の組み合わせが出揃う形となった。なお大会は無観客開催のため、大会日時、会場は非公開となっている。






■大会の詳細・応援メッセージ
がんばれ福岡2020 福岡地区高等学校野球大会
がんばれ福岡 筑後地区高等学校野球大会
がんばれ福岡2020 北九州市内高等学校野球大会
がんばれ福岡2020 福岡中央地区高等学校野球大会

【関連記事】
【福岡】福岡大大濠が決勝トーナメントへ!<19日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
【福岡】西日本短大附が勝利!<12日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
第522回 【福岡 抽選後展望】選抜8強の2校を中心に、熱い代表争いへ【大会展望・総括コラム】

コメントを投稿する

次の記事:
11本塁打、OPS9割超え。香月一也(大阪桐蔭出身)の成績がファーム卒業級
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る