明日7月4日から沖縄独自大会開幕!初日から興南、さらには昨秋の準優勝vsベスト4対決も!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.03

興南・西里

 明日7月4日は沖縄の独自大会(2020沖縄県高等学校野球夏季大会)が開幕する。

 大会初日は3会場8試合が開催される。

 なんと大会初日から昨夏準優勝の興南が登場する。

 最速143キロ左腕・山城 京平などタレントを多く揃える興南の戦いぶりに注目だ。

 さらに昨秋準優勝の八重山農林と昨秋ベスト4の具志川の対決がいきなり実現。激しい戦いが予想される。

 4日から熱い試合が期待できそうだ。

■結果詳細・応援メッセージ
2020沖縄県高等学校野球夏季大会

◇7月4日の試合予定

2020沖縄県高等学校野球夏季大会
1回戦 中部農林   7  -  1   宮古工・宮古総合実 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ (1)
与勝   7  -  0   南部商 コザしんきんスタジアム レポート 応援メッセージ
八重山農林   4  -  0   具志川 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ
興南 13  -  2   那覇商 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ
読谷   4  -  2   那覇 名護市営球場 応援メッセージ
浦添商 10  -  0   美里 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ
球陽   2  -  0   名護 名護市営球場 応援メッセージ (1)
八重山   8  -  0   八重山商工 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ
【関連記事】
六大学は10日に開幕!東大、明大応援団からこの夏を戦う全国の球児に向けエールを! 【ニュース - 高校野球関連】
8月1日から神奈川独自大会が開幕。横浜、東海大相模らの注目校の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 令和2年度、東京都の異動で勢力構図に変化はあるのか【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】

コメントを投稿する

前の記事:
筒香嘉智選手インタビュー後編!「大事なのはトレーニングではなく、思考の積み重ね」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る