全国大会常連の上武大。54名の新入生から14名の逸材をピックアップ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.30

大宮東出身の島村 大樹

 東京六大学、東都を除く関東5大学連盟の中でもトップクラスの実力を誇る上武大。2013年の大学選手権優勝など全国でも活躍を見せる。そんな上武大は54名の新入生を迎えたが、その中から14名を紹介していきたい。

【投手】
上原 一帆沖縄水産
小林 嵩水戸商
紫藤 大輝東海大相模
島村 大樹大宮東
武内 寛斗八王子
松本 翔大佐野日大

大型左腕・上原は140キロを超える速球を投げ込む左腕。小林はテークバックが小さい投球フォームから135キロ中盤の速球で打たせる投球を得意とする。紫藤は右サイドから135キロ前後の速球とキレのあるスライダーを駆使して淡々と打ち取る技巧派右腕だ。また八王子の武内は東京代表に選抜されており、右サイドから落ちる球を得意とする技巧派だ。島村は最速145キロを誇る大型右腕。打撃センスも高く、昨年は1試合2本の満塁本塁打を放った活躍を見せたが、大学では投手として勝負。変化球の精度も高く、この世代ではエース級に育つ可能性を持っている。

松本は打撃センスも高いが、大学では投手として勝負。好調時は130キロ後半の速球を投げ込む。

【捕手】
進藤 勇也筑陽学園
二季連続の甲子園に導いた実力派捕手。インサイドワーク、キャッチング、スローイングすべて一級品。打撃もパンチ力があり、総合力が高い捕手として注目が集まる。

【内野手】
関 大斗(横浜商
中野 優希(桐生第一
村田 龍哉徳島商
申原 愛斗(中京学院大中京)
横浜商の関は下級生時代から活躍を見せてきた強打の内野手。中野も高い守備力が光る二塁手。四国屈指の二刀流野手として騒がれた村田は内野手として挑戦。自慢のパワーを発揮する。申原愛斗は巧打が売りの二塁手で、守備力も高く、昨夏の甲子園4強に導いた。

【外野手】
田中駿也(銚子商
後藤 祐大朗九州文化学園
森永 光洋日章学園
田中は1番打者ながらチームトップの長打力を誇り、2年秋、3年春は県大会4強を経験。森永も超俊足を誇る巧打の内野手。後藤も総合力の高さが売りの外野手として活躍を見せた。

 全国各地から逸材が集まった上武大学の新入生たち。秋季リーグでデビューする選手が登場するのか注目をしていきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
松井裕樹(桐光学園出身)、森友哉(大阪桐蔭出身)ら高卒組が躍動!大卒組は苦戦…95年世代ドラ1の現在地 【ニュース - 高校野球関連】
大型スラッガー、俊足揃いの外野陣、激戦区の遊撃手など大学代表候補に名を連ねたドラフト候補野手14名 【ニュース - 高校野球関連】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第308回 横浜DeNAベイスターズ 井納 翔一投手【後編】「考え方一つで視界は変わる」 【2015年インタビュー】
第307回 横浜DeNAベイスターズ 井納 翔一投手【前編】「続ければこそ――」 【2015年インタビュー】
第301回 オリックス・バファローズ 安達 了一選手【後編】 「『バスター&ラン』を成功させる極意」 【2015年インタビュー】
第300回 オリックス・バファローズ 安達 了一選手【前編】 「『つなぎ役』の流儀」 【2015年インタビュー】
第12回 上武大学・後編 「主体性のある人間へ」【先輩から学べ】
第11回 上武大学・前編 「大所帯のチームを結束させるコミュニケーション術」【先輩から学べ】

コメントを投稿する

前の記事:
栃木県が県独自の試合開催発表へ。7月18日開幕を目指す
次の記事:
プロ入り後初の4番に座った上林誠知(仙台育英出身)激しいレギュラー争いを勝ち抜けるか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る