高校通算63本塁打を放ったスラッガー・植田拓(盛岡大附出身)が愛媛マンダリンパイレーツ入団!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.30

盛岡大附・植田 拓

 2017年、二季連続で甲子園ベスト8入りした盛岡大附を牽引した高校通算63本塁打のスラッガー・植田 拓が愛媛マンダリンパイレーツに入団することが決まった。

 165センチながらそれを補う強靭なパワーと技術の高さで本塁打を量産してきた植田。しかし高校時代から痛めていた右手首の影響もり、目立った活躍はできず、バイタルネットを退社し、クラブチーム所属のJFFシステムズでプレーをしてきた。

 今回、NPBでプレーするラストチャンスとして、愛媛入団が決まった。

 また右手首の手術も行い、無事に完治。28日の徳島インディゴソックス戦から帯同を続けている。

 現在、愛媛マンダリンパイレーツはリーグ未勝利で、チーム防御率2.43とリーグ2位と奮闘しているが、チーム打率.187と打撃に苦しんでいるだけに植田の加入は大きい。

 高校時代、取材した印象としてはとにかく野球と打撃のことが考えるのが好きな選手。植田のスタイルを思う存分発揮して、大暴れを見せることを期待したい。


関連記事
山本由伸(都城出身)が世代のトップランナーに、高卒4年目の現在地
巨人から久々に誕生した高卒の本格派右腕・戸郷翔征(聖心ウルスラ学園出身)
巨人・戸郷が注目株!宮崎県出身の中位・下位指名からの活躍選手を振り返る

【関連記事】
夏2連覇中の花巻東、昨秋東北準Vの盛岡大附が県大会進出を決める!【岩手・5日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
エース・松本はドラ1でソフトバンクへ。2014年に夏の甲子園初勝利を達成した盛岡大付ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
東京六大学の野球部員によるオンライン塾「BASEBALL STUDY」が開講 球児の文武両道と進路実現をサポート
次の記事:
創部1年で選抜初出場!野山 慎介主将が選手宣誓を務めた2011年の創志学園ナインのその後を紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る