徳島県高等学校優勝野球大会組み合わせ決定! 第1シード・徳島北は前年覇者・鳴門と激突か?<トーナメント表>

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.29

組み合わせ抽選会であいさつをする徳島県高野連・小山 勉良会長

 2020年6月29日(月)15時から徳島県徳島市の徳島ワシントンホテルプラザにおいて「徳島県高等学校優勝野球大会」<7月11日(土)開幕・8月2日(日)決勝戦予定>の組み合わせ抽選会が行われ、各校の主将・主将代理がくじを引いた結果、以下の通り30チーム(阿波西池田から4選手を借用し連合チーム「阿波西」で参加)の組み合わせが決まった。

 簡単に組み合わせを追っていくと、昨秋県大会V・第1シードの徳島北は2回戦からの登場で鳴門vs阿南高専の勝者と初戦で対戦。「鳴門に昨夏のリベンジ(準々決勝で1対4)をしたいと思っていた」徳島北主将の最速144キロ右腕・河野 勇真(3年・右投右打・175センチ80キロ・徳島藍住リトルシニア出身)にとっては、前年第101回全国高等学校野球徳島大会覇者との激突が実現しそうな願ってもない組み合わせとなっている。

 また、このブロックには最速147キロまで球速を伸ばした仁木 登真(3年・右投右打・175センチ84キロ・鳴門市鳴門中出身)と同じく最速145キロ右腕の鈴木 連(3年・右投右打・177センチ80キロ・徳島市加茂名中出身)ら豊富な投手陣が控え鳴門渦潮や、徳島科学技術などの曲者も同居。最激戦区といっても過言ではない。

 一方、秋季四国大会県勢唯一の1勝で第2シードの座をつかんだ城東徳島商vs那賀の勝者を待ち受けるこれも厳しい初戦に。

 組み合わせ抽選会後、城東主将の西田 琢真(3年・右翼手・右投左打・164センチ64キロ・徳島市国府中出身)は「自分たちで意識を高く持って自主練習に取り組んだ結果、全体練習再開後もスムーズにできている」とチームの出来に自信をのぞかせつつも、近隣伝統校との初戦に「自分たちの脚を絡めながら初戦突破をまずは狙いたい」と抱負を述べた。

 なお、このブロックにも城南城西脇町と上位を狙える学校が名を連ねている。

 その城東ブロックとお互い勝ち上がれば準決勝で対戦する第3シード・川島のブロックにも前年徳島大会準優勝の富岡西小松島阿南光といった南部地区の強豪が目白押し。

 さらに第4シード・小松島西のブロックには最速141キロ右サイドの松本 佳貴(3年・右投右打・180センチ77キロ・全播磨ヤング硬式野球団<兵庫>出身)がエースナンバーを背負う生光学園や、1年生・髙野 光海(右投右打・185センチ75キロ・伊丹中央ボーイズ<兵庫>出身)が背番号「3」で一次登録された池田城北阿波とシード校に匹敵する実力校が入った。

 なお、大会は6月27日(土)よりようやく全体練習が再開となった阿南高専の状況を考慮し、当初7月11日(土)・開幕カードで開催予定だった鳴門vs阿南高専を7月19日(日)・アグリあなんスタジアム(徳島県阿南市)での第3試合に変更。よって7月11日(土)のオロナミンC球場(徳島県鳴門市)開幕カードは14時から板野vs鳴門渦潮の1試合のみ。始球式は県内唯一の女性高校野球選手である吉本 りりか(阿波3年・内野手)が務める。

*詳しい大会展望は後日、お伝えします!

(取材=寺下 友徳

【トーナメント表】

■結果詳細・応援メッセージ
徳島県高等学校優勝野球大会

◇7月11日の試合予定

【関連記事】
【徳島】鳴門渦潮が開幕戦を勝利で飾る!<12日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
徳島に春到来!徳島北や海部などが初戦突破!【春季徳島県大会結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第93回全国高校野球選手権徳島県大会開会式【徳島県 2011年夏の大会 第93回徳島大会】

コメントを投稿する

前の記事:
田中英祐(元千葉ロッテ)の母校・白陵(兵庫)がSNS運用する理由
次の記事:
小園海斗、甲斐野央ら2年間でドラ1を7人輩出!兵庫県勢が凄い!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る