筑陽学園、福岡大大濠らの初戦は?福岡地区の組み合わせが決定!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.30

筑陽学園、福岡大大濠らの初戦は?福岡地区の組み合わせが決定!

 29日、福岡県では福岡地区の組み合わせ抽選が行われ、リーグ戦の組み合わせが決定した。

 特に注目はFパート、昨夏の福岡代表として甲子園に出場した筑陽学園。そして昨秋の県大会を優勝して九州地区大会でベスト8まで勝ち上がった福岡第一が同じパートに入った。リーグ戦だが、熱い試合が繰り広げられることが考えられる。

 また福岡地区には昨秋の県大会準優勝校・福岡工大城東や強豪・福岡大大濠。さらには昨秋の県大会8強入りを果たした九産大九州沖学園など実力校が多数いる。リーグ戦でどのような試合を見せるのか。

 リーグ戦で順位を決め、その後トーナメントで福岡地区の優勝を目指す戦いが行われる。
 組み合わせは以下の通り

■大会の詳細・応援メッセージ
2020年 がんばれ福岡2020 福岡地区高等学校野球大会

【関連記事】
【動画つき!】福岡の公立校屈指の145キロ右腕・牟田稔啓が二打席連続弾!次戦は投手として活躍できるか 【ニュース - 高校野球関連】
【福岡・5日】香椎5番・牟田稔啓が2打席連続弾!福岡地区・筑後地区の試合結果 【ニュース - 高校野球関連】
第522回 【福岡 抽選後展望】選抜8強の2校を中心に、熱い代表争いへ【大会展望・総括コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
栃木県が県独自の試合開催発表へ。7月18日開幕を目指す
次の記事:
プロ入り後初の4番に座った上林誠知(仙台育英出身)激しいレギュラー争いを勝ち抜けるか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る