U-18では3番を打った岸田 行倫(巨人)ら!2014年2年連続選抜出場を果たした報徳学園ナインのその後を紹介

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.04

高校時代の岸田 行倫、中村 誠

 夏の甲子園、今春開催予定だった選抜大会の代替大会が続々と決定するなど、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。

 今回は2014年、選抜に2年連続出場を果たした報徳学園ナインのその後を紹介する。

投手 中村 誠 3年(甲南大)
投手 田中 和馬 3年(愛知学院大)
捕手 岸田 行倫 3年(大阪ガス-読売)2017年2位
捕手 川端 一寿 3年(関西大<準硬式>)
捕手 大田 禎巳 3年(神奈川大)
内野手 普久山 拓海 3年(大阪学院大)
内野手 三品 勇人 3年(法政大<準硬式>)
内野手 石垣 昭二 3年(立教大)
内野手 土谷 勇輔 3年(日本大)
内野手 端岡 陸 2年(中央大<準硬式>)
内野手 門野 凌 3年(神戸学院大)
外野手 比嘉 翔太 3年(関西学院大)
外野手 大畑 幸平 3年(中央大<準硬式>)
外野手 石濱 琢人 3年(龍谷大-大和高田クラブ)
外野手 森井 拓眞 2年(日本大)
外野手 田原 宗汰 2年(流通科学大)

 2年春にも投手・内野手として甲子園に出場した岸田 行倫は、2年秋に捕手に転向。この大会では1回戦の沖縄尚学戦で捕手からマウンドに上がり、4回1/3を無失点6奪三振の好投で救援した。U18日本代表にも選出され、一塁手として3番を打ち、4番の岡本 和真と日本代表のクリーンナップを担った。アジア準Vに貢献。高卒で進んだ大阪ガスで日本選手権に2度、都市対抗には補強選手として1度出場。2017年に読売に2位指名を受けプロ入りを果たした。

 沖縄尚学戦で4打数3安打を放った3番の石垣 昭二は立教大に、背番号1の中村 誠は甲南大に進学した。関西学院大に進学した比嘉 翔太は最高学年時には副将としてチームを牽引した。

 

 龍谷大に進学した外野手の石濱 琢人は大和田高田クラブに進み社会人でも硬式野球を継続。

 プロ入りを果たした岸田を筆頭に、高校野球引退後もそれぞれの舞台で活躍する2014年の報徳学園ナインたち。今後の活躍にも注目していきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。


関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

【関連記事】
兵庫の誇る超名門・報徳学園の主力選手たちを一挙紹介!<選手名鑑・新規登録リスト> 【ニュース - 高校野球関連】
現役引退を決意したわけとは。甲子園のヒーロー・近田玲王さんが現役を退いた背景とは 【ニュース - コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
2年ぶりの優勝を果たした木更津総合!戦国千葉の頂点に上るまでを徹底総括
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る