大谷翔平が出場!2012年選抜に出場した花巻東ナインのその後は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.01

高校時代の岸里 亮佑、大谷 翔平、小原 大樹

 夏の甲子園、今春開催予定だった選抜大会の代替大会が続々と決定するなど、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。

 今回は2012年春、大谷 翔平を擁し選抜出場を果たした花巻東ナインのその後を紹介する。

1 大谷 翔平 3年(北海道日本ハム-エンゼルス)2012年1位
2 佐々木 隆貴 3年(日本大)
3 高橋 翔飛 3年(トヨタ自動車東日本)
4 大澤 永貴 3年(筑波大-トヨタ自動車東日本)
5 後藤 湧大 3年(青森大)
6 太田 知将 3年(東海大)
7 大向 優司 3年(愛知学泉大)
8 岸里 亮佑 2年(北海道日本ハム-琉球ブルーオーシャンズ)2013年7位
9 田中 大樹 3年(同志社大)
10 小原 大樹 3年(慶應大-日本製紙石巻-徳島インディゴソックス)
11 佐々木 毅 3年(神奈川大-タンガロイ)
12 木村 隼 3年(富士大<準硬式>)
13 高橋 恒 3年(青森大-福島ホープス)
14 千葉 峻太 3年(関東学院大)
15 山根 大幸 3年(東海大北海道-日本生命)
16 皆川 清司 3年(国士舘大<準硬式>)
17 古水 将寛 3年(盛岡大)
18 泉沢 直樹 2年(神奈川大-信越硬式野球クラブ)
19 鹿糠 俊輝 2年(関東学院大)
20 山下 駿人 2年(國學院大)
21 小向 宏樹 3年(盛岡大)
22 中里 優介 2年(トヨタ自動車東日本)

 大谷 翔平の他に、岸里 亮佑がNPB入りを果たす。岸里は3年時には背番号1を付けたが、主に3番・左翼手で試合に出場。大谷の1年後に北海道日本ハムに7位指名を受けプロ入りを果たした。1年目の2014年にはイ・リーグ全試合出場を果たし、打率.248、3本塁打、13盗塁を記録。2018年にはU23日本代表を経験するも、その後2年間一軍出場はなく、2019年オフに戦力外通告を受ける。同年12月に新設・琉球ブルーオーシャンズへの入団が決まり、今季から新天地・沖縄でNPB復帰を目指す。 

 そして大谷の2番手として活躍した左腕・小原 大樹は慶應大を経て日本製紙石巻に進む。3年間プレーした昨シーズンオフに、メジャー挑戦を決意し退社。渡米してトライアウトを受験するも、新型コロナウイルス感染拡大の影響で緊急帰国し、6月13日に徳島インディゴソックスと契約を決め、独立リーグから大谷の背中を追う。

 大谷の兄・龍太が所属するトヨタ自動車東日本に進んだ高橋 翔飛、大澤 永貴、中里 優介は現在もプレー。主に4番手として登板した山根 大幸は東海大北海道を経て、日本生命に入社。2018年には日本選手権、2019年には都市対抗で登板し、二大大会を経験し今年1月に引退を表明した。

 高校野球引退後もそれぞれの舞台で活躍を続ける2012年の花巻東ナインたち。これからの活躍にも注目していきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。


関連記事
エース・今井、好打者・長野など2014年の夏を盛り上げた三重高校準優勝メンバーのその後
堂林や磯村ら 2009年中京大中京の全国制覇メンバーたちのその後
横尾、高山など2011年甲子園優勝・日大三ナインの現在地

【関連記事】
夏2連覇中の花巻東、昨秋東北準Vの盛岡大附が県大会進出を決める!【岩手・5日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
原 嵩(専大松戸)ら 両校合わせて4名がNPB入り!2015年夏の1回戦を戦った花巻東と専大松戸ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第23回 第25回IBAF 18U世界野球選手権大会に出場した「2012年・大谷世代」のその後【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
東京六大学の野球部員によるオンライン塾「BASEBALL STUDY」が開講 球児の文武両道と進路実現をサポート
次の記事:
創部1年で選抜初出場!野山 慎介主将が選手宣誓を務めた2011年の創志学園ナインのその後を紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る