【動画追加】鹿児島の独自大会は地区大会・決勝トーナメントの2段階方式で開催。現場からの声は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.26


枕崎のミーティングの様子

 鹿児島県高校野球連盟は6月5日、臨時の役員・常任理事会を開いた。中止となった第102回全国高校野球選手権鹿児島県大会の代替大会として、「2020鹿児島県夏季高校野球大会」は地区大会、決勝トーナメントの2段階方式で実施すると発表した。

 硬式に関しては鹿児島市、南薩、北薩、姶良・伊佐、大隅、熊毛、大島の各7地区で予選を実施。抽選は6月27日に開催され、大会は7月8日から大島地区を皮切りに開幕する。

 地区予選を勝ち上がった16チームで7月22―28日の7日間(2日間休養日)、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で決勝トーナメントを実施する。各地区からのトーナメント出場校配分など詳細は後日発表する。

 新型コロナウイルス感染拡大防止策に万全を尽くすため、開閉会式は行わず原則無観客試合。ただし、保護者や控え部員の応援は認める。

 軟式に関しては7月17―20日(休養日1日)の4日間、鴨池市民球場でトーナメント戦を実施する。抽選会は硬式と同日に行う。

 県高野連では代替大会として様々な方式が検討された。通常の県大会同様に近いトーナメントを要望する声も多かったが、感染が完全な終息に至っていないこと、練習が不十分で熱中症対策などが万全でないことなどを考慮して、このような方式が採用された。

 中森俊朗理事長は「これから7月28日の決勝戦が終わるまで感染防止対策を徹底し、安心・安全に試合が終わるために全力を尽くしたい。その上で3年生がしっかりと高校野球に区切りをつけて次の目標に向かっていって欲しい」と話した。

「鴨池で終わらせてあげたかった」「安心・安全の大会運営」…夏季大会に寄せる複雑な想い

 代替大会が発表される6月5日はどこかの野球部をピックアップして3年生全員の夏に向けての想いに耳を傾けたいと思った。そこで選んだのが昨秋ベスト4の枕崎だった。

 ちょうど枕崎に向かう頃に代替大会の方式が発表された。地区大会と決勝トーナメントによる2段階方式。甲子園の中止が発表された頃は「地区大会ができればいいのではないか?」と予想していた中、決勝トーナメントまで開催されるというのはなかなか良いアイディアではないかと思った。

 関係者の言葉を聞くべく、まず鹿児島実の宮下正一監督に電話した。この代替大会を開催するために高野連とは別に宮下監督が会長を務める監督会が精力的に動いていたことを知っていたので、この方式で決まった感想を聞きたかった。

 「やると決まったことはありがたい」と話しながらも「正直不満です」と言う。監督会としては通常の県予選とほぼ同じかたちでの開催を強く主張していた。全チームの選手にアンケートも取り「99%の選手たちが鴨池で試合をしたいと答えた」(宮下監督)という。

 コロナ対策に対しても「各地区に分散して開催するよりも県立、市民、2球場で開催した方が防止対策にもなる」と主張する。鹿児島は離島を抱えている点が通常開催をためらう大きなネックになっていたが「離島のチームをトーナメント表の各ブロックにあらかじめ振り分けて、連泊連戦を避ける」アイディアまで提案していた。

 「甲子園がなくなった以上、3年生に鴨池で野球を終わらせてやりたい」

 宮下監督の一番の想いがここにあるのは十分に伝わった。

【次のページ】 【動画追加】鹿児島の独自大会は地区大会・決勝トーナメントの2段階方式で開催。現場からの声は?(2)


【関連記事】
序盤から好カード目白押し? 秋季鹿児島大会、組み合わせ決まる 【ニュース - 高校野球関連】
池田vs加治木工【鹿児島県 2017年 第59回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
神村学園vs川内商工【鹿児島県 2017年 第59回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島城西vs鹿児島実【鹿児島県 2017年 第59回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
加治木vs松陽【鹿児島県 2017年 第59回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
れいめいvs薩南工【鹿児島県 2017年 第59回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
第134回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選組み合わせ決まる! 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

次の記事:
突き指を予防する3つのポイント
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る