常総学院と霞ヶ浦の直近10回の対戦成績は?そのうち8回は決勝で激突!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.25

常総学院から巨人入りした菊田拡和(左)と霞ケ浦から広島入りした鈴木寛人(右)

 2019年に国体の舞台となった茨城県。その時に開催地として国体に出場をした霞ヶ浦。エースの鈴木 寛人はドラフト会議で広島東洋カープに指名を受けて、現在はプロで自己研鑽を重ねる日々を過ごしている。また霞ヶ浦は鈴木の先輩で同じカープにいる先輩の遠藤 淳志をはじめ、好投手を多く輩出するのが特長である。

 そんな霞ヶ浦以上に全国で結果を残し、茨城が誇る超強豪と言えば常総学院だ。甲子園には春夏合わせて25回出場、そして優勝経験も春夏ともに1回ずつある。今年も菊地 竜雅一條 力真といった投手陣を軸にタレント揃うチームとして注目を浴びていた。その常総学院霞ヶ浦の直近10回の対戦成績はどのようになっているのか。今回は両校の対戦成績を振り返っていきたい。

<直近10回の対戦成績>
2011年 秋季茨城県大会 準々決勝
常総学院 3対2 霞ヶ浦

2012年 秋季茨城県大会 決勝
常総学院 7対0 霞ヶ浦

2013年 春季茨城県大会 決勝
霞ヶ浦 3対2 常総学院

2013年 第95回茨城大会 決勝
常総学院 4対2 霞ヶ浦

2013年 秋季茨城県大会 決勝
霞ヶ浦 3対3 常総学院

2013年 秋季茨城県大会 決勝
霞ヶ浦 2対1 常総学院

2014年 春季茨城県大会 決勝
常総学院 6対1 霞ヶ浦

2015年 秋季茨城県大会 決勝
霞ヶ浦 3対2 常総学院

2018年 春季茨城県大会 準決勝
常総学院 7対1 霞ヶ浦

2019年 秋季茨城県大会 決勝
常総学院 8対1 霞ヶ浦

 結果だけを振り返ると常総学院6勝、霞ヶ浦3勝。そして引き分けが1回という成績で常総学院が力を発揮している形になっている。最も古い対戦は2011年の秋季大会。1点差のゲーム展開を常総学院が制して勝利すると、2度目の対戦となった2012年の時には常総学院霞ヶ浦打線をシャットアウトして茨城の頂点に立った。

 しかし霞ヶ浦は、2013年の春季大会では選抜帰りの常総学院から3回に一挙3得点でリードを奪い、逃げ切りで優勝を果たす。そして、その年の夏の大会の決勝戦でも両校は相まみえ、試合は8回終わって2対2の大接戦。決勝戦にふさわしい白熱の試合展開だったが、最後は常総学院の4番・内田 靖人(現東北楽天)がサヨナラホームランで決着をつけ、甲子園の切符をもぎ取った。その後、常総学院はエース・飯田 晴海(現日本製鉄鹿島)の活躍も光り、ベスト4まで勝ち上がった。

 一方あと一歩で甲子園を逃した霞ヶ浦は、その年の秋季大会で引き分けを挟んで2対1で常総学院を下してリベンジに成功する。

 これまでも直接対決を見てきたが、引き分けの結果はほとんどないケース。2013年の秋季大会時点では、現在のような延長13回からタイブレーク方式がなかったため、延長15回まで通常通り闘い抜いた末の引き分けとなっており、改めて実力が拮抗していることがわかる。

 翌年の2014年の春季大会で霞ヶ浦常総学院に敗れたが、2015年の秋季大会では3対2で再び勝利を挙げている。

 2018年の対戦では常総学院には菊田 拡和(現巨人)が3番に座る重量打線で、霞ヶ浦先発・福浦 太陽(現鷺宮製作所)を3回途中でノックアウト。試合の主導権を終始握って勝利すると、昨秋の対戦では先取点は許したものの、中盤で逆転に成功した常総学院霞ヶ浦を下している。

 10試合中8試合が決勝戦で対戦するところからも茨城の高校野球を牽引していることが窺える両校。これからも茨城の高校野球を引っ張る存在として好ゲームを繰り広げてくれることを期待したい。

(記事=編集部)


関連記事
【選手名鑑】189センチの大型右腕・一條力真(常総学院)を徹底分析
広島ドラフト3位・鈴木寛人が目指すのは先輩・遠藤とともに一軍で活躍!
佐々岡監督から期待を寄せられる遠藤淳志(霞ヶ浦出身)。高卒3年目に大ブレイクとなるか?

【関連記事】
【選手名鑑】189センチの大型右腕・一條力真(常総学院)を徹底分析 【ニュース - 高校野球関連】
広島ドラ2ルーキー宇草 孔基も!2015年選抜8強入りを果たした常総学院戦士たちのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第1094回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「監督に打撃スタイルを否定されても、自分の信念は曲げなかった」vol2 【2020年インタビュー】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第225回 大会屈指の怪腕・鈴木寛人(霞ヶ浦) リズムを狂わせた先頭打者本塁打と甲子園の重圧【ドラフト特集コラム】
第20回 甲子園は奥川、鈴木、前ら目玉投手だけではなく、様々な長所を持った好投手たちに注目!【101回大会特集】
第221回 2019年 佐々木朗希や赤坂諒など地方大会でキラリと光ったドラフト候補15名の投手たち【ドラフト特集コラム】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
飯田 晴海(常総学院) 【選手名鑑】
内田 靖人(常総学院) 【選手名鑑】
遠藤 淳志(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
鈴木 寛人(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
福浦 太陽(霞ヶ浦) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
来田涼斗(明石商)や船曳烈士(大阪桐蔭)など粒揃い 選抜出場予定だったヤングリーグ出身の選手たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る