茨城県北の新鋭・佐和は好右腕・黒田を中心とした力と気力がみなぎった選手たちでベスト8以上を狙う

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.23

最速140キロを超える速球派右腕・黒田晃大(チーム提供)

 茨城県の県北地区といえば、明秀学園日立日立一が注目されているが、この2020年、注目度が挙がっているのが佐和だ。140キロを超える速球派右腕・黒田 晃大が注目されているが、大川修一監督は「黒田と一緒に入学してきた選手も力があって、1年生から試合に出場していた選手も何人かいます」と黒田以外にも、二塁手・古川空翔など活躍を見せてきた選手が多い。

 昨秋は県大会2回戦進出。この冬は精力的にトレーニングを積んできた。大川監督は選手練習の取り組みぶりは例年以上に変わってきた実感があると語る。
「選手たち自身で考えながら取り組んでいく様子も見えましたし、佐和高校の選手たちはあまり『自分を出さない』のが特徴だったんですけど、今年に限っては選手たち同士が厳しく指摘しあっているところは今までにないチームカラーだと思いました。そういう姿を見て楽しみだと感じました」

 エース・黒田を筆頭とした選手たちのポテンシャルの高さだけではなく、勝つために厳しく指摘し合う意識の高さを見て、大川監督は今年のチームならば、ベスト8以上は狙えるかもしれない。そんな期待感を持っていただけに、今回の大会中止は残念な思いだった。

 ただ大川監督は茨城高野連が大会開催を発表した後、選手たちを集めて話した時、目の輝きが取り戻していることを実感した。「この発表がされる前から1試合でもできればいいねと思っていたのですが、1試合勝てば、もう1試合が約束されるトーナメント制は、夏の大会と同じ状況じゃないですか。それができることを幸せだということを話をしましたら、生徒たちの目がキラキラしていたんですよね。ありがたいという気持ちで迎えてくれると思っています」

 6月8日から部活動が全面的に再開され、独自大会でベスト8以上を狙う佐和佐和の今後を占う重要な1年となる。


関連記事
山本由伸(都城出身)が世代のトップランナーに、高卒4年目の現在地
巨人から久々に誕生した高卒の本格派右腕・戸郷翔征(聖心ウルスラ学園出身)
巨人・戸郷が注目株!宮崎県出身の中位・下位指名からの活躍選手を振り返る

【関連記事】
第118回 高校通算58本塁打のスラッガー、超高校級の「坂本勇人」、左腕ナンバーワン候補など「公立校」にいる逸材たち【高校野球コラム】
高校通算58本塁打のスラッガー、高校生ナンバーワン左腕など公立校注目10名の逸材たち 【ニュース - コラム】
茨城北部から出てきた本格派右腕・黒田晃大(佐和)の成長の軌跡に迫る 【ニュース - インタビュー】
第1191回 茨城北部から出てきた本格派右腕・黒田晃大(佐和)。投打で牽引し、狙うは夏ベスト8以上 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
佐和vs茨城キリスト【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
小瀬vs佐和【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会 地区予選】
狭山清陵vs佐和【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第167回 【第97回茨城大会展望】選抜ベスト8の常総学院を軸に激戦が予想される茨城を制するのは?【大会展望・総括コラム】
佐和 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
最速148キロサイド・横山陸人(専大松戸)の意気込み「高橋礼さんのような投手になりたい」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る