小さな大投手・戸田 懐生(徳島インディゴソックス) NPB基準を超える「勝負の2020」はじまる

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.21

徳島先発の戸田 懐生は腕の振りも鋭く147キロを記録

 「阿波踊り」……。今年はライブでは見られない徳島のソウルイベントをマウンドで体現するのが徳島インディゴソックス2年目の19歳・戸田 懐生(とだ・なつき)である。171センチの小柄な体をいっぱいに使うダイナミックなフォームから放つストレートは常時140キロを優に超え、最速148キロ。スライダーの切れ味も一級品で、昨シーズンは途中加入にかかわらず17試合19回1/3を投げて失点0、1勝5S。

 ポストシーズンでも四国アイランドリーグチャンピオンシップ1回0失点、ルートインBCリーグ覇者・栃木ゴールデンブレーブスとのの日本独立リーググランドチャンピオンシップでは初めての失点と敗戦を経験するも2Sをあげて日本一獲得に大きく貢献。NPBドラフト指名解禁となる2020年は戸田にとって、さらなる飛躍を遂げる一年となるはずだった。しかし……。

 新型コロナウイルス感染拡大による度重なる開幕延期。「もう一度体を作り直すことができた。体力面、筋力面をアップさせたり、フォーム固めができる期間」としてもう一度ストレートで押す投球に向けた体づくり、よりよい準備ができたとはいえ、実戦感覚の不足は否めなかった。

 それでもエースとして当然のように指名された開幕投手の座。そして対戦相手・香川オリーブガイナーズの先発は前年まで阪神タイガースに所属していた歳内 宏明。「100%の力で入ろうと思った」戸田も最速147キロのストレートにスライダーや、チェンジアップを駆使して三者凡退2三振で返した初回から一転。2回・3回は二死無走者から連続失点を喫する。

 その課題を明確に指摘したのが吉田 篤史監督である。現役時代はヤマハで都市対抗野球MVP(橋戸賞)を獲得し、千葉ロッテマリーンズ・阪神タイガースでの13年間で中継ぎを中心に292試合に登板し、NPB・ルートインBCリーグ・関西独立リーグでの指導経験を経て今季から、徳島インディゴソックスを率いる知将はこう話す。

 「相手が良かったから、(力みが出る方向へ)それに引っ張られた。そこで自分のピッチングしなきゃって振り返ってできるようになれば」。ただ同時に吉田監督は収穫を得た上での次なるテーマも口にした。

 「6回裏一死満塁のピンチを切り抜けたことは評価するが、目一杯(力を)使っていたから7回裏からは継投させざるを得なかった。彼が大エースになるにはあのピンチを乗り切って、さらにもう一回ピンチを乗り越えられるようにならないと。一番最初(の試合)なので変えましたけど、続投させて、負けても完投して負ける、そういうふうになれるといい」

 超えなければならない壁。指揮官の想いは当然、戸田にも伝わっている。
 「失点の場面はインコースが使えなくて外でかわしに行き過ぎた。もっと使えたら楽に行けたと思う。僕と比べて歳内さんは追い込んでからの制球力が高かったので、もうちょっとそこの精度を上げていかないと」

 この試合、11奪三振3安打完封勝利で「NPB基準」を戸田に見せつけた歳内。でも、開幕戦で明確な指針を理解できたことはむしろ戸田にとって幸いであろう。「勝負の2020」。目指すものはこれで定まった。歳内を超え、チームの、いや、リーグの“大エース”と呼ばれる存在となり、NPBを夢から現実にし、さらに活躍できる右腕へ。「小さな大投手」戸田の挑戦はこれからも続いていく。

(記事=上溝 真司)


関連記事
愛媛マンダリンパイレーツ チームOBの縁をたどり狙うは「5年ぶり独立リーグ日本一」と「9年ぶりNPBドラフト指名」
徳島インディゴソックス「魂のセットアッパー」吉田 篤史氏が新監督就任!
~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!

【関連記事】
【動画】埼玉西武・伊藤翔(横芝敬愛出身)が一軍昇格!二軍戦防御率0.90の実力を発揮できるか? 【ニュース - 高校野球関連】
岸潤一郎(明徳義塾出身)がプロ初打席!右飛も初球からフルスイング!! 【ニュース - 高校野球関連】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
2020四国アイランドリーグplus開幕! 香川オリーブガイナーズ・歳内 宏明(元・阪神タイガース) 前年覇者に被安打3の完封劇!
次の記事:
小園海斗、甲斐野央ら2年間でドラ1を7人輩出!兵庫県勢が凄い!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る