愛知啓成と対戦する昨夏覇者・誉は気合十分。やるからにはどこにでも負けないつもりで

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.20

誉ナイン(写真提供=誉高校野球部)

 2019年の夏の甲子園は、の主将・林山 侑樹の選手宣誓で幕を開けた。春夏通じて初めての甲子園だったは、開幕戦で八戸学院光星と対戦をして0対9で敗れたが、の歴史に残る1日になったことは間違いない。

 その後、は当時スタメンで甲子園を経験した手塚陸斗などを中心に再スタートを切ったが、県大会の初戦で名古屋国際の前に敗れる。早い段階で春に向けて準備を続けてきたが、新型コロナウイルスの影響で活動は止まった。

 では3月から休校措置を取り始め、次第に全体で練習できる時間は減っていった。そして4月に発令された緊急事態宣言を受けて、下宿生を原則実家に帰省させることにした。

個人で練習する時間が増えたが、「夏の甲子園に向けて動けるように、身体を作ってこいよ」ということを指揮官の矢幡真也監督は選手たちへ伝えた。具体的な練習メニューや報告をするといった態勢は作らなかったが、矢幡監督がしたことは、モチベーションを上げることだ。

「ダルビッシュ有さんとか、錦織圭さんなど有名なアスリートの名言をチームのLINEで流してあげて、モチベーションを上げながら選手たちが自発的に練習できるようになればと思って流していました」

 こうして個人で過ごす時間が続いた誉だったが、5月22日からようやく活動を再開することが出来た。その時には甲子園の中止、そして愛知県独自の大会が開催されることが決まった状況だったが、甲子園の中止や独自大会の開催について矢幡監督はこのように語った。

「21日に下宿生も帰ってきましたので、3年生を集めてミーティングをしました。『こんな状況だけど、昨年度の甲子園に出場して引き継いできたモノがあると思う』と言うことを話しました。その上で独自大会の開催が発表されていましたので、『最後の大会に臨む姿を後輩たちに見せて、の野球を受け継いでほしい』と言うことを伝えました」

 甲子園の中止でモチベーションを落とす選手もいたが、「最後までしっかりやったことで、初めて次のステップに行けるんじゃないのか」と選手たちにメッセージを送った。矢幡監督は高校野球を完全燃焼させてから選手たちには次へ進んでほしかったのだ。

すると選手間でも「最後の大会に向かっていこう」と声を掛け合い、最後までやり抜く決意が固まり、5月22日からは再始動した。最初はキャッチボールなどの基本的なところから確認し、現在は練習試合を組みながら実戦経験を積んでいる。「思っていた以上に自粛期間中もしっかり練習してくれていたおかげで、すぐに実戦に入れました」とスムーズに練習に入れたとのこと。ただ感染防止のために人数を制限したり、手洗いなどには細心の注意を払って練習を重ねている。

 独自大会は7月に開催されるが、選手たちの熱量が凄まじいことを矢幡監督は感じ取っている。
 「2年生対3年生の紅白戦をやったことがありますが、その時の選手たちの一生懸命な姿勢を見て、『甲子園がないけど、こんなに一生懸命取り組んでくれるのか』と思ってうるっときました。だからこそ、『甲子園をかけた戦いをしてみたかった』と思いは沸いてきました」

 先輩とは背中で後輩見せることのできる人だ、と矢幡監督は常に選手たちに伝えていた。それを3年生は体現していると言うことだ。残された時間は少ないが、は独自大会の優勝に向かって練習を重ねる。
 「やるからにはどこにも負けるつもりはないです。あと、勝つことを目指す過程で、創意工夫や継続力。ブレない心というのが野球を通じて学べると思っています。だから最後まで上手くなろうと思ってやっていこうと伝えています」

 そして初戦の相手は強豪・愛知啓成と決まった誉。強力な相手を上回る戦いができるか注目だ。

関連記事

河野 竜生(JFE西日本) 北海道日本ハムファイターズドラフト1位として 「想い」を持って北の大地へ降り立つ!
第79回 社会人野球屈指のスラッガー・今川優馬(JFE東日本)の原点。高校時代の恩師の視点から今川の成長を語る
今年の近本枠を狙うJFE西日本・三好大倫(三本松)の強み

【関連記事】
愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった! 【ニュース - コラム】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
活動再開に向けて一歩ずつ前へ。各都道府県の学校再開、夏の大会開幕予定一覧リスト 【ニュース - 高校野球関連】
第1005回 夏の準決勝敗退から始まった神宮大会優勝 日本一を狙う中京大中京の課題は【野球部訪問】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第2回 手束記者が選ぶ愛知県のベストゲーム 波乱とロマンに満ちた熱戦【愛知の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
八戸学院光星vs誉【第101回全国高等学校野球選手権大会】
誉vs中京大中京【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
東浦vs誉【愛知県 第126回全尾張高等学校野球選手権大会】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
県立岐阜商vs誉【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季東海地区高等学校野球大会】
誉 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
両校合わせて7名がプロの道へ 2011年夏の決勝を戦った日大三・光星学院戦士たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る