DeNAが開幕スタメンを発表 今年も横浜高OBはいるのか??

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.17

2年連続で開幕スタメンを勝ち取った梶谷 隆幸(開星出身)

 16日、横浜DeNAのアレックス・ラミレス監督はオンライントークショーで今季の開幕スタメンを発表。高校野球ドットコムでは13日に「11年ぶりにDeNAの開幕戦オーダーから横浜高OBが消える?」の記事を配信し大きな反響を生んだ。では、今年はどうだったのだろうか。まずは11年前の2009年の開幕戦オーダーを振り返る。

【2009年の開幕戦オーダー】
1番・センター 松本 啓二朗千葉経大附-早稲田大)
2番・セカンド 仁志 敏久(常総学院-早稲田大-日本生命)
3番・ファースト ジョンソン
4番・レフト 内川 聖一(大分工
5番・ライト 吉村 裕基(東福岡
6番・ショート 藤田 一也 (鳴門第一-近畿大)
7番・キャッチャー 野口 寿浩(習志野
8番・サード 山崎 憲晴(埼玉栄-横浜商科大)
9番・ピッチャー 三浦 大輔(高田商

そして、今年の開幕戦オーダーがこちら。

【今年の開幕戦オーダー】
1番・センター 梶谷 隆幸開星
2番・セカンド ソト
3番・ライト オースティン
4番・レフト 佐野 恵太(広陵-明治大)
5番・ファースト ロペス
6番・サード 宮崎 敏郎(厳木-日本文理大-セガサミー)
7番・キャッチャー 伊藤 光明徳義塾
8番・ピッチャー 今永 昇太北筑-駒沢大)
9番・ショート 大和<前田 大和>(樟南

 昨年まで在籍した筒香 嘉智(現レイズ)が抜け、11年ぶりに横浜高出身者のいない開幕戦オーダーとなった。横浜といえば、いつも中心には横浜高出身者がチームに存在していただけに物寂しさを感じるが、プロ4年目の佐野 恵太(広陵-明治大)が4番に抜擢されるなど明るい話題もあった。また、他球団では横浜高出身の北海道日本ハムの2年目、万波 中正が特大本塁打を放ち、横浜OBのニュースター誕生を予感させる。

 19日の開幕戦に開幕するプロ野球。他の球団の開幕戦のオーダーにも注目が集まる。

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
DeNA・オースティン欠場で代わりに乙坂!11年連続で開幕オーダーに横浜高OB並ぶ 【ニュース - 高校野球関連】
11年ぶりにDeNAの開幕戦オーダーから横浜高OBが消える? 【ニュース - 高校野球関連】
第970回 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った 道端晃大(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
第23回 人間的成長を促す指揮官の情熱と8つのチーム方針 江戸川中央リトルシニア(東京)に迫る! 【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第71回 名門・横浜を率いてきた渡辺元智前監督が語るヒーローの高校時代【高校野球コラム】
第171回 横浜DeNAベイスターズ 荒波 翔選手 【2014年インタビュー】
第168回 横浜DeNAベイスターズ 梶谷 隆幸選手  【2013年インタビュー】
第121回 セガサミー 赤堀 大智 選手 【2012年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
和気閑谷(岡山)の球児たちがグラブ制作に携わることになったきっかけとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る