四国ILが高校球児限定トライアウト開催 トリドールHDと共同で球児の夢へのチャンスを応援

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.15

左から株式会社IBLJ・馬郡健代表、株式会社トリドールホールディングス・栗田貴也代表、大下浩平CSR推進室長

 6月15日(月)、各店舗手打ちうどんで有名な「丸亀製麺」をはじめ国内外で1781店舗(2020年3月末現在)の外食産業を展開する株式会社トリドールホールディングスと四国アイランドリーグplusは共同で東京都渋谷区の株式会社トリドールホールディングス本社内においてオンライン同時記者発表会を開催。

 この席において、高校球児限定トライアウトで夢へのチャンスを応援「トリドールホールディングス×四国アイランドリーグplus」高校生トライアウトを2020年8月以降に四国4県内の球場で開催することを発表した。四国アイランドリーグplusにおいて高校生限定のトライアウトは、2005年リーグ創設から16年目にして初の開催となる。

 席上冒頭、株式会社トリドールホールディングス・栗田 貴也代表取締役社長兼CEOは以下のように四国アイランドリーグplusとの提携事業展開の決断に至った理由をあいさつ。

 当社は昨年3月に四国アイランドリーグplusの野球を通じて地域に貢献する姿勢に共感し、パートナーシップを締結させて頂いています。そして春の甲子園、夏の甲子園も中止になった中、青春をかけた高校球児の心情を察するとやはり耐え難いものがある。
 我々は夢を追いかけて、そこに多くの皆様のご支援があって今が成り立っているが、その恩返しも兼ね、夢を追いかける高校球児やそのご家族を応援していきたい。今回は高校生トライアウトを通じて1人でも多くの高校球児の夢がつながっていければいいと思います。

 続いて四国アイランドリーグplusを運営する株式会社IBLJ・馬郡健代表取締役から以下の通り高校生トライアウトの概要が発表された。

名称:トリドールホールディングス×四国アイランドリーグplus高校生トライアウト
日程・場所:2020年8月以降 四国4県内球場(予定)の1か所で1回
※開催日程や開催環境(無観客・保護者の入場可否)に際しては国・各県の指針及び四国アイランドリーグplus感染拡大防止ガイドラインに準じて安全面を最優先し、四国4県独自大会・甲子園高校野球交流試合終了後、NPBドラフト会議開催に伴うプロ志望届提出開始日程が決定後発表する。

 対象:日本高等学校野球連盟に登録している高校3年生選手
※詳しい条件については四国アイランドリーグplus・同リーグ所属4球団及びトリドールホールディングス公式HPにおいて発表

 同トライアウト合格選手については入団後、登録枠などに対して「20歳以下」などの特別ルールを設けるなど柔軟な対応を行う。

 続いて株式会社トリドールホールディングス・大下浩平CSR推進室長からは以下の通り、同社による高校生トライアウトと入団後の選手に対する支援策も発表された。

1.高校生トライアウト参加費用、旅費、会場費用等を支援する。
※高校生トライアウト参加選手の費用負担は参加費用・旅費・宿泊費含め無料とする。

2.「トリドールホールディングス スポンサー選手」制度の導入
※高校生トライアウト入団選手の中から面談等を行い四国アイランドリーグplusと協議の上、選抜された選手・数名を同スポンサー選手とする。対象選手には株式会社トリドールホールディングスから報酬及びオフシーズンの同社店舗勤務をあっせんする。また、万が一夢半ばNPB選手への道を断念した選手に対しても、引退後の社員採用等の支援を行う。

【次のページ】 四国ILが高校球児限定トライアウト開催 トリドールHDと共同で球児の夢へのチャンスを応援(2)


【関連記事】
53名がNPB登竜門へ!四国アイランドリーグplusドラフト会議開催 【ニュース - 高校野球関連】
平成唯一の三冠王・松中信彦氏 2020年から香川オリーブガイナーズ監督兼選手就任へ! 【ニュース - 高校野球関連】
第46回 最速151キロ!侍ジャパンで活躍する盟友の姿を胸に四国で躍動する石井大智【四国発】
第107回 横芝敬愛高等学校(千葉)【冬が僕らを強くする2017】

コメントを投稿する

前の記事:
最速150キロデビューの及川雅貴(横浜出身)!高校時代から進化したポイントと今後の課題
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る