11年ぶりにDeNAの開幕戦オーダーから横浜高OBが消える?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.13

2019年、横浜高校出身で唯一の開幕スタメンだった筒香嘉智

 6月2日に再開した練習試合も残り数試合となり、いよいよプロ野球の開幕が近づいてきた。調整がむずかしいなかではあるが、各選手たちは調子を整えつつある。

 DeNAの佐野恵太もそのひとり。再開後の練習試合では序盤から不振を極めていたが、6月7日に初安打が生まれると次の試合からは2試合連続本塁打。ようやく本来の調子を取り戻してきた。DeNAは梶谷 隆幸、オースティン、ソトと上位打線も強力。

 後ろにはロペス、宮崎敏郎といった実績のある選手も控えており、「4番・佐野」という軸がしっかりすれば球界屈指の打線となる。

 そんなDeNAの強力打線だが予想されるメンバーの出身校を見ると、お膝元である横浜高のOBがひとりもいないことに気づく。仮に開幕戦の先発オーダーに横浜高のOBが名を連ねないとなれば、2009年以来11年ぶり(前身球団含む)のことだ。

 近年は筒香 嘉智(現・レイズ)や倉本寿彦、石川 雄洋、荒波翔(現・BC神奈川コーチ)らがチームを支えてきた。さらにその前は鈴木尚典(現・BC神奈川監督)、小池正晃、多村仁志といバットマンがチームを引っ張っていた。

 今シーズンは石川 雄洋(2004年6巡目)、乙坂 智(2011年5位)、倉本寿彦(2014年3位)と3人の同校OBが在籍しているが、現時点で開幕スタメンで出場が濃厚な選手はひとりもいない。

 まさに11年ぶりに開幕戦の先発オーターから横浜高のOBが消えようとしているのである。ここから大逆転で石川、乙坂、倉本のだれかが開幕スタメンを奪回することができるだろうか。

 セ・リーグ制覇を果たした1998年以降、DeNAの開幕戦における先発メンバーに横浜高のOBが並ばなかったのは、2008年と2009年だけ。いつの時代にも、中心には横浜高のOBがチームに存在した。その火を再び灯すことができるだろうか。

【DeNAによる横浜高校OBの開幕戦スタメン起用】
※前身球団含む
※1998年以降

2019年:筒香 嘉智
2018年:筒香 嘉智、倉本寿彦
2017年:筒香 嘉智、倉本寿彦
2016年:筒香 嘉智、倉本寿彦、荒波翔
2015年:筒香 嘉智、倉本寿彦、石川 雄洋
2014年:筒香 嘉智石川 雄洋
2013年:筒香 嘉智石川 雄洋、荒波翔
2012年:小池正晃、石川 雄洋、荒波翔
2011年:石川 雄洋
2010年:石川 雄洋
2009年:ーー
2008年:ーー
2007年:鈴木尚典
2006年:小池正晃、多村仁志
2005年:小池正晃、鈴木尚典
2004年:鈴木尚典、多村仁志
2003年:鈴木尚典
2002年:鈴木尚典
2001年:鈴木尚典
2000年:鈴木尚典
1999年:鈴木尚典
1998年:鈴木尚典

(記事:勝田聡)

関連記事
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】
21世紀枠候補に選出された伊香(滋賀) 滋賀学園に金星をあげることができた理由【前編】

【関連記事】
DeNA・オースティン欠場で代わりに乙坂!11年連続で開幕オーダーに横浜高OB並ぶ 【ニュース - 高校野球関連】
DeNAが開幕スタメンを発表 今年も横浜高OBはいるのか?? 【ニュース - 高校野球関連】
第970回 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った 道端晃大(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
第23回 人間的成長を促す指揮官の情熱と8つのチーム方針 江戸川中央リトルシニア(東京)に迫る! 【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第71回 名門・横浜を率いてきた渡辺元智前監督が語るヒーローの高校時代【高校野球コラム】
第171回 横浜DeNAベイスターズ 荒波 翔選手 【2014年インタビュー】
第168回 横浜DeNAベイスターズ 梶谷 隆幸選手  【2013年インタビュー】
第121回 セガサミー 赤堀 大智 選手 【2012年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
和気閑谷(岡山)の球児たちがグラブ制作に携わることになったきっかけとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る